「ダメンズが必要な理由」~私の中の愛と繋がる~

こんばんは、パートナーシップ専門カウンセラーの椙山眞伍(ヤタ)です。

最近、出逢いの場所に言った時に、「何をされているんですかー」と聞かれたときに「カウンセラーです」と素直に答えています。

その時に「こんな事してます」なんて言いながら、名刺でも渡せたらいいかなっと思って、名刺を作成中です。

もちろん、自分では全く美術センスもないので作成などできませんので、クラウドサービスの「ココナラ」さんを使いまして、デザイナーさんに発注をしました。

 

クラウドサービスというのを、初めての使用したのですが、本当に沢山のプロフェッショナルの方の登録があり「自分の得意分野で役に立てますよー」っていう感じで、嫌な感じもせず使いやすかったです。

自分の得意な事や、好きなことで、お金を貰って生きるということが、簡単にできる時代になったんだーって改めて思いました。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*

「ダメンズを必要としているのは私だった」この言葉を聞いて、どいう思いますか?

それにしても、怖い言葉ですよね。

それでは、ちょっと想像してみてください。

「あっ!!いけない。寝坊しちゃった。」

そういいながら、ベットから飛び起きて、慌ててキッチンに行くと、シンクには大量の洗い物が・・。

「また、アイツは、食器も洗わずにそのままにして。」

そういいながら、時間もないのにブツブツ言いながらも、同棲相手のタカシ(仮名)の洗い物をせっせと片付ける。

その当事者であるタカシは、未だにベットの中に。

それもそのはず、彼は休職中なのだから。

出逢った頃は、タカシは一部上場企業の社員で、容姿もイケメンで、出逢った関連会社のパーティーでは、会場の女子達からの人気を独り占めにしていた。

その後に、タカシの上司と私の上司が同じ大学だった事で、名刺交換をしてから、付き合うことになったが、その時にはタカシがこんな姿になろうとは・・・。

 

タカシとはお付き合いが始まって直ぐに同棲を開始したのだが、初めは会社でもバリバリ仕事をしていて、なにかあると、家事や洗濯なども手伝ってくれた。

「一人暮らしが長いから。ほとんど事はできるよ」と言っていたとおりで、お互いに家事を分担しての生活は新婚生活みたいで、とても嬉しい気持ちだったが、その生活は長くは続かず・・・。

タカシが仕事のストレスから精神的に病んでしまい、出勤することができずに、ずっと自宅にいるようになったのだ。

 

私は、タカシが早く職場に復帰できるように、負担になるであろう家事や洗濯などを、1人でこなすように頑張っていた。

しかしフルタイムでの勤務をしながら、家事や洗濯などをこなすの事は、ほとほと疲れてしまった。

それでも、タカシには何も言えない私。

「私も辛いの」

「タカシ助けて」

「タカシも協力してくれないかな」

こんな言葉が、喉まで出るのだが、言葉にはできない。

むしろ「こんな時こそ私が頑張らなきゃ」こんなことまで、考えてしまう。

 

昨夜も、月末の残業で終電帰りになり、へとへとな状態で帰宅したリビングには、洗濯した服が無造作に置かれ、シンクには洗い物が溢れていた。

深夜のシーンとしたリビングに、力なく座り込み洗濯物をたたみながら「どうしてこんなことになったのだろう。こんなはずではなかったのに・・。」

そう思ういながらも、洗濯物をたたみながらこう思う。

「私が頑張らないと・・・」と

タカシはベッドで寝息を立てていた。

 

ここまでのお話ですが、皆さんはどう思いますか?

この物語の彼女は、本当に尽くす女性なのですが・・。

何か感じませんか?違和感を。

客観的にみればわかると思うのですが、明らかに尽し過ぎというか、頑張り過ぎてますよね。

実は、彼女のように頑張り過ぎてしまうパターンを持っていると、自分が頑張らないといけない状況を作り出してしまいます。

物語のなかでは、タカシはハードワークをして、精神的に病んでしまいましたが、このような人がいないと彼女が頑張るという状況が、出来上がりません。

そして、そのままタカシが、会社員をして彼女が「頑張らなくても幸せになってしまう」というのは、

彼女の心の中では許可が出ていないので、幸せにはなれないのです。

 

実は、、このようなパターンを持っている方って、とても優しくて家族想いの方が多くて、

ほとんどの方が幼少期時代に、

「自分が我慢する事で家族を笑顔にしたり」

「自分よりも家族の誰かを優先する事が必要だったり」

「自分が頑張る事で家族を笑顔に幸せにすることができた」

こんな家庭環境の方に育った方が多いんですね。

そして、このような経験の裏には「私が我慢したり、頑張ったことで、褒められたり上手くいった経験がある」んですね。

いわゆる成功体験ってやつです。

これがあるので「私が我慢したり、頑張ったりすれば認めて貰える」と思ってパターンが繰り返される訳です。

 

ですが、このパターンを持つ限り残念ながら、幸せになりにくいのはわかりますよね。

そこで、見直してもらいたいのは「幼少期時代に思っていたことは真実なのか?」ということです。

これは、彼女が今、感じている感情や想いなどは、過去の幼少期時代に作られたり感じたりした物で、これをもう一度、今の大人の私からみて当時の状況を検証し直してみましょうか?というものです。

子供の視点からでは、見えなかったものが、大人になった私の視点からは、沢山の真実や誤解などが見えてくると思います。

そこで、私が我慢したことで誰が救われたのか?

その相手は私に対してどんな想いを持っていたのだろうか?

その時に、私はどんな気持ちだったのだろうか?など

感情をベースにしながら、もう一度詳しく検証していきます。

ほとんどの場合は、子供の目線からの誤解や勘違いが多いですけどね・・。

家族のために小さな彼女が、我慢したり、頑張っている。

これって、愛の物語ですよね。

そこに気がつくと、彼女の中の愛と繋がれます。

そして、自分にこんな言葉をかけてあげて下さい。

「今まで、よく頑張ったね。でも、もう頑張らなくても大丈夫。」

「もう私、幸せになってもいいよ」

「よく頑張ったね。ありがとう」

ゆっくりと、優しくて心の中の小さな私に話しかけるように・・。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*

いかがでしたでしょうか?

「ダメンズが必要な訳」が理解してもらえたでしょうか?

「頑張らないといけない」と思う気持ちの裏側にある、私の中の愛に気がつく事が出来れば、状況はガラッと変わります。

実は、物語で彼女が感じていたのは「罪悪感」なんですね。

罪悪感は愛がなければ感じない感情ですので、ここには、沢山の愛情が隠れているのです。

愛からの味方で、物語はガラッと変わるというのも、凄いですよね。

参考になれば幸いです。

それでは、おやすみなさい。。

オーダーメイドのセッションで、現実に変化させるセッションの申し込みはこちらから→カウンセリングメニュー

 

 

関連記事

  1. 夫と子供がいるのに好きな人ができてしまった時

  2. マイペースな夫にイライラがMAX!!どうしたらいいですか?その①

  3. 夫の帰りが遅くて浮気を疑ってしまいます。

  4. 「マイペースな夫にイライラMAX!!」どうしたらいいですか?②

  5. 「嫌です」と伝えることが苦手です

  6. ケンカは2人の関係性を深める為のイベント

  7. 相手に変わって欲しいと思う時

  8. 私だけが我慢して頑張っているのに報われない時

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。