飛行機好きマイラー「空飛ぶカウンセラー・ヤタ」の貴方の知らない空の旅 VOL2

おはようございます、パートナーシップ(恋愛・夫婦)専門カウンセラーの椙山眞伍(ヤタ)です。

皆様、MERRY CHRISTMAS!!
1日出遅れましたが、いかがお過ごしでしょうか?

ということで、謎にテンション高めですが、
今回は「自分でご機嫌をとる旅」の続編です。
ちなみに前回の記事はこちらです。

改めまして、日程を確認しておきましょう。
日程はこちら
12月7日 名古屋→沖縄
12月8日 沖縄→羽田→稚内→千歳(札幌)→名古屋

改めてみても、凄い弾丸ツアーですね^^
まっ、そこがいいんですけどね。

では、稚内空港に到着後からスタートします。

※※

稚内空港から市内へ


雪の滑走路に下りまして、稚内空港に到着です。

なんと、沖縄との気温差は21℃
いや~これは、寒い!!一気に身体が冷えますね。

実はこの稚内空港ですが、稚内の市内の中心である
稚内駅からかなり距離があります。

市内へ向かう交通機関としては、バス、タクシー、
レンタカーの選択肢になりますが、レンタカーでの
雪道走行は危険度MAXなため、今回はバスを
選択肢しました。

しかし、ここで注意が必要です。

何と、稚内駅に向う空港バスは、飛行機と
連絡しているのでこのバスを逃すと、
後はタクシーしか手段がありません。

つまり、このバスを逃すと
タクシーで約4300円ほどを支払ことに。
バス代金は600円。
この差は大きい過ぎる!!

しかも、飛行機が欠航になるとバスも欠航に
なるという飛行機癒着システムに。

癒着は人間関係でも交通手段でも恐ろしい
関係であります。はい。

ここでも、毎度、事件が発生!!

皆様は、覚えていますか?
行きの飛行機に乗る前に壊れたリュックのことを。

これです。

このリュック、実は、調べたら携行品ということで
保険で修理代金がもらえるとのこと。
なので、何故か壊れたまま、那覇から手荷物として
預けておりました。

そして、市内観光に行くのに邪魔くさいので、
帰りの航空券も手元にあるので、カウンターで
預け入れをお願いしたのですが・・・。

担当してくれたのが、明らかに中年で
PC操作苦手オーラが満載の男性係員。

隣の女性の方が、絶対にPC操作慣れ
している感じ。

不穏な空気の匂いがプンプンします。

ヤタ「すみません、チェックインお願いします。
手荷物も預け入れでお願いします。」
係員「わかりました。ご予約の判るものか
予約番号を・・。」

予約番号とメールを係員に見せますが
係員「うん??うん??少々お待ち下さいませ」

やはり恐れていた事態が・・。

私ヤタが発券した今回の旅程の航空券は、
公式サイトの裏技で発券したもの。

なので、通常とは扱いがちょっと違うのですね。
慣れた係員さんでも、少しだけですが、戸惑うレベル。

係員「あれ??おかしいな。うん??」
実は、この時点で、先程、ご紹介をした
バスの出発時間まであと5分に。

これは、かなりのピンチ!!
係員さんごめんね。
マニアックな航空券を予約して。
でも、ここは、心を鬼にして言います。

ヤタ「すみません。駅に行くバスにどうしても
乗りたいんですけど」
「また、後で、チェックインでいいですか?」
係員「あっ!バスですか?時間ヤバいですね。
私が何とかします!!」と言い残し

「えっ??何すんの?」と思った瞬間。

チェックインカウンターを抜け出し、まさかの
バス停にダッシュ!!

しかしながら、係員さんのダッシュが遅い・・。(涙)

簡単に追いつき、係員さんからの一言
係員「あのバスです。」
ヤタ「・・・・。」

大雪の中に、寂しそうに止まるバス。

あの~バスは1台しか止まってませんけど・・・。
見りゃわかるわとツッコミ入れそうに。(笑)

係員「お手荷物は、お預かりして手続きを全て
完了しておきますから。いってらっしゃいませ」
ヤタ「お願いします」

ある意味、最北端まできて、この係員さんの
クオリティー半端ない。
稚内恐るべしです。

ご本人は、本当に悪気がないので、必死の心使い
嬉しかったです。

※※

そんなこんなでバスに乗って稚内市内に行くと
完全なガチで雪。

市内の中心でもあり、日本最北端の駅でもある
稚内駅



この雪、ヤバくないですか?これ。
そして、この後、駅の近くにある銭湯を目指して
歩きます。

流石に、この雪の中で、歩道を歩くのは私ただ1人。
しかも、冬なのでお店屋さんは殆どが閉店中(涙)

この季節に来た私の作戦ミスを認めないと
いけませんね。

そんなことを思いながら、歩くこと15分。
遂に到着します。

今回の訪れた施設は福港市場の中にある
「稚内天然温泉 港のゆ」さんです。
入浴料は680円で、レンタルタオル50円から。

そして、肝心のお風呂はというと
じゃ~~~ん

雪見風呂最高かよ!!
しかも、平日だから誰もいないので貸し切り。

湯船に入ってからのアングル。

お世辞でも、最高過ぎるロケーションに
テンションも上がり身体もポカポカに。
本当に良かったー。

そして、稚内駅に戻り、バスに乗って空港へ

空港では、先程の係員さんが笑顔で対応して
下さり無事にチェックインも完了。
千歳空港に旅立ちます。


さらば、稚内空港

新千歳空港→名古屋/中部

稚内空港から、千歳空港までは60分という短い
フライトですので、あっという間に到着。
写真を取り忘れました。。

新千歳空港はグルメやスイーツ、お土産屋がとても
充実しておりまして、何を食べても基本的には
ハズレが少ないと思っております。

しかし

敢えて、今回も新千歳空港の絶品スイーツを
ご紹介したいと思います。

この新千歳空港は、ソフトクリーム屋さんの
メッカで「マツコの知らない世界」でも
紹介された程。

マツコの知らない世界では、6軒のお店が
紹介されました。

・石屋製菓「白い恋人ソフトクリーム」
・北菓楼「シェフのこだわりソフトクリーム」
・花畑牧場「ホットキャラメルソフトクリーム」
・シレトコスカイスイーツ「クマゴロンソフト」
・ルタオ「パルフェフロマージュ」
・プロント「岩瀬牧場ソフトクリーム」

この中での一番の人気は、
プロントの「岩瀬牧場ソフトクリーム」です。

ヤタも、このソフトクリームを食べましたが、
本当にNO1間違いない。
濃厚な感じなのに、しつこく無くてまろやか。
おすすめ度MAXです。

プロントは国内線ターミナルの4Fにあります。

空港内のHPはこちらから

そして、もう一つのおすすめは
北菓楼のシュークリーム。

こちらは、CAさんやパイロットさんが
北海道のお土産に大きなシュークリームを
まとめ買いしていくことで、
有名になりました。

シュークリームのラインナップはこちら

なんと4種類もあります。
そして、新千歳空港限定発売のこちら

※画像は北菓楼さんのHPよりお借りしました。

こちらのカップシューもおすすめです。
ヤタの個人的には「北の夢ドーム」が定番ながら
安定感抜群の美味しさです。
本当に、中のクリームが濃厚でクリームの
癖が凄い!!
一度お試しあれ。

北菓楼さんは、国内線ターミナル2Fの
スイーツアベニューにあります。

新千歳空港のグルメやスイーツは本当に美味しい
ですので、空港での時間は余分に確保して
空港での時間も楽しんでくださいね。

※※

名古屋中部行きの飛行機は、少し遅延しましたが、
無事に離陸し、名古屋を目指します。

新千歳でのグルメを我慢したのは、本日2回目の
プレミアムクラスにアップグレードが成功したので
機内でお弁当が出るからでした。

本日、最後の機内でお弁当です。
たらこご飯でした。

ご飯を食べてウトウトしたところで、
着陸態勢に入り無事に
名古屋/中部空港に到着しました。

わずか2日間で沖縄→稚内への弾丸ツアー。
気温差は21度で、搭乗回数5回。
まずまずのぐるぐるフライトになりました(笑)

長くなりましたが、今回の旅はここで終了です。

最後まで、お付き合い下さり
ありがとうございました。

PS,翌日のFacebookへの投稿です。

流石に翌朝からフライトする自分に
「何やってんだ俺は?!」と思いました(笑)

 

関連記事

  1. 【旅レポ】JALステータス修行の旅①~目指せ搭乗回数50回~

  2. 【旅レポ】JALステータス修行の旅③那覇→久米島

  3. 名古屋マリオットで思いついたビジョン~ラウンジカウンセリングがやりたい…

  4. 【宿泊記】伊豆修善寺マリオットに宿泊して来ました。

  5. 【旅レポ】JALステータス修行の旅②名古屋→那覇

  6. 【旅レポ】JALステータス修行の旅④久米島→那覇

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。