カウンセラー(ヤタ)のリアル夫婦喧嘩~男性心理と女性心理の違いを解説~

こんばんは、パートナーシップ(恋愛・夫婦)専門カウンセラーの椙山眞伍(ヤタ)です。

今日は、タイトルにもあるように、一昨日に起きたリアルな夫婦喧嘩について、書いていこうと思います。

そもそもですが、たま〜に、このような質問をされることが有ります。

それは

「カウンセラーさんって、夫婦の問題やケンカなんてしないですよね?」

という質問です。

そりゃーね。心理学を学んで、450人位カウンセリングをしていますからね。

はい。

普通にケンカします。←ココ重要です。

それも、私の出来が悪くて、ケンカになっております。涙)

まぁ、なかなか自分の事になると難しいんですよね…。←言い訳です。

カウンセラーなのに、共感ができず、話も聞かずに、地雷を踏みまくってしまい、余計に怒りを爆破させます。

「よくカウンセラーと言えるなお前!!」と言われてしまうことも、しょっちゅうです。

もう、笑うしかないですが・・。

ほんま、すんませんm(_ _)m

で、

今回の夫婦ケンカを、何か皆様のお役に立てないか?と思いまして、男性目線とカウンセラー目線で見た、夫婦ケンカについて書いていこうと思います。

それでは、少しお付き合いくださいね。

※※※※

まずケンカの発端ですが、お金がないなーというお話しから始まったのです。

私→ヤタ
妻→妻

銀行の口座通帳を見ながら

妻「なかなかお金ぎ貯まらないねー」

ヤタ「まぁ、そうだね。色々やってるから仕方ない」

そりゃそうだけど、このままじゃ赤字続きだよ」

ヤタ「そもそも、固定費の支出が多過ぎだからな〜。でも、これは削れ無いしな…」
(実はこの時点で、罪悪感を感じている)

妻「家賃に保険に養育費もあるからね。どこにも行かなければ、大丈夫なんだけど」

ヤタ「どこにも行かないのは、無理だな。どこかに行っちゃうもんな俺。ちなみに幾ら口座にあればいいの?」

妻「えーと、プールしてある口座に〇〇円あれば、安心できるよ」

ヤタ「じゃあ、違う預金を取り崩して移せばいいじゃないの?」

妻「それじゃ意味ないよ」

ヤタ「貯金したい気持ちは、わかるけどさ、それって不安の為に我慢するって事じゃない⁇」
(実はこの時点で地雷を踏んでいたらしい)

妻「 …。」

ヤタ「不安が動機で我慢するって有り得ないよ!そんな我慢して貯めたお金なんて、上手く回る訳無いし、楽しい事に使えないよ。使えば、私の我慢がーってなるから。」

妻「まぁ、そうだけど」

ヤタ「じゃあ、どうやって貯めるか⁇だな」

どうやってって、言われても・・。」

ヤタ「固定費は削れ無いから、日々の生活を我慢するしかないのかもな」

「我慢するって、今までも相当我慢しているけど」

ヤタ「我慢しているって、何を??」

妻「色々だよ!!そもそも、好きなことやりすぎ」

ヤタ「だったら、自分も好きなことやれば良いじゃん」

妻「っていうか、あんたさ飛行機乗りすぎ!!なんで自分ばかりが好きなことやってんのよ!!いつも私ばかり我慢しているのに」

ヤタ「だから、自分も我慢せずにやれば良いでしょう?好きなことなんでやらないの??」

妻「もういいわ」

ヤタ「はあ??何がもういいのよ。自分もやれば良いでしょう?」

妻「はぁー。もういい。話しても無駄だわ」

ヤタ「なんでよ??」

妻「パートナーシップ(恋愛・夫婦)専門カウンセラーなのに、わからんのか!!」

ヤタ「・・・・・・。チーン」

ここまで

 

※※※※

いやー、いかに、不毛なケンカなのか、改めて書いてみると、本当に自分がカウンセラーと言えなくなってしまうほど、ツッコミ満載ですね。

まぁ、妻に日頃から我慢してもらっているからこそ、私ヤタの家が回っているので、本当に感謝の気持ちしかありません。

それで、ケンカの内容は横に置いといて、今回はこのケンカから、男性からの目線と、女性からの目線の違いを見ていきます。

※※

まずは、男性目線編です。

この話を、後輩君(一般ピーポーで心理学知らない)に話してみました。

その時のやり取りを、書いてみます。

ヤタ「昨日さ、奥さんにキレられてケンカになったんだよ」

後輩「へぇー。キレられましたか笑」

ヤタ「そうだよ。」

後輩「何が原因でキレられたです?」

ヤタ「それがさ、お前、飛行機乗りすぎだーーーー!!って。こっちは我慢ばっかりしているのに、好きなことばかりやってんじゃねぇ!!ってさ」

後輩「ハッハッハ。まぁ、飛行機は確かに乗りすぎっす笑」

ヤタ「まぁ、そうだけどさ。それならさ、我慢ばかりしなくて好きなことやれば良いって思わない?」

後輩「そうっすよね。それね、うちの奥さんも言うんですよ」

ヤタ「マジで?」

後輩「そうなんですよ。だからね、言うんです、我慢をやめて好きなことやれば良いって」

ヤタ「でしょう?そうだよ。我慢やめて好きなことやれば良いんだよ」

後輩「本当にそう。でもね、好きなことやればって言うとね」

ヤタ「うん。どうなんの?」

後輩「もういい。もう、話さないで!!って言い出すんですよ」

ヤタ「マジか!!俺の時と同じだ。」

後輩「話さないでって言われても、話は解決してないし・・・。」

ヤタ「そうなんだよ。なぜか、途中でもういい!!って終わりになるんだよな」

後輩「本当に女はわからん」

ヤタ「俺もわからんわ」

ここまで

 

女性からのすると、男性ってバカなの?って思うかもですが、これ、リアルな後輩との会話です。

後輩君も普通の男性なんで、多分、世の中の男性ってこんな感じに思っているんだと、思ってみてください。

実際に、会話をブログに書いて改めて思ったのですが

男性ってやはり「解決思考」なんです。

男性同士の会話でわかるのは、なぜ、女性が「もういい!!」と怒っているのか?が、全く理解出来ていないってことです。

私も、カウンセラーモードならば、思考的な考えばかりにならないのですが、やはり、身内との関係性の中では1人の男性になってしまい、どっぷりと「解決思考」になっています。

女性が「もういい!!」と怒っているのは、この日頃から我慢している感情を「共感して受け止めて欲しい」という訳です。

女性からすれば「本当に沢山の我慢しているよね」とか「いつも我慢してくれてありがとう」とか、まずはこの感情をちゃんと処理しなければ、次に行けませんよね。

男性陣は「我慢してくれている」ことよりも「どう我慢を解消するか?」の解決方法に目が行ってしまい、女性の感情までも手が回らないですし、どうしたら良いのか?がわからないのです。

後輩君の「女はわからん」というのは「女性の感情の扱い方」や「感情そのもの」がわからないと表現しているのです。

これでは、男性と女性がすれ違うのも、無理がありませんよね。

どちらも、なんとかしたい気持ちはあるのですが、上手く伝わって、いないだけなんです。

それでは、こんな状況の時にどうしたら良いのか?

長くなったので、この解決策は次回に書いて見ようと思います。

それでは。

※※※※

・有料のカウンセリングメニューはこちら
カウンセリングメニュー

お悩み相談室はこちらから
お悩み相談室はこちら

・遠方の方や名古屋以外の方でもピント来られた方は、まずは、ご連絡下さいませ。お問い合わせ

 

 

 

 

関連記事

  1. 【男性心理アカデミー】別れてからLINEしてくるのは、何故ですか?

  2. 【親密感の恐れと見捨てられる不安】私ヤタの恋愛が上手くいかなかったリア…

  3. 「どうして、通じ合えないの?」男性とのコミュニケーション~男性心理アカ…

  4. 【男性心理】「どうして、こうなった⁈」言わなくても分かるでしょが伝わら…

  5. 「男性心理も解説!!ロックマン・野良猫男子を攻略せよ!!」~ZOOセミ…

  6. 「お前、重いんだよ!!」の本当の意味とは?~男性心理アカデミー~

  7. カウンセラー(ヤタ)のリアル夫婦喧嘩~こんな時の解決法~

  8. 「どうして、通じ合えないの?」男性とのコミュニケーション解決編~男性心…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。