心理学講座「親密感の恐れ~恐れを超えて彼を愛すること~」を開催しました!

こんばんは、カウンセラー歴7年、カウンセリング
人数700人以上の問題を解決に導いた

夫婦心理学カウンセラーの椙山眞伍ヤタです。

先週の金曜日にココロノオフィス主催の心理学講座
「親密感の恐れ~恐れを超えて彼を愛すること~」を
開催しました。

今回は緊急事態宣言の影響もあり、オンラインでの開催。

37名の方にご参加して頂きました。

ありがとうございます。

気になる講座の内容は

・親密感の恐れは無くならない

・親密感の恐れの正体は?

・親密感の恐れの乗り越え方

・ヤタのリアルな体験談という

このような項目でお伝えしました。

そして、今回の隠し玉は

「逃げ恥でお馴染みの平匡さんとみくりさん」

あの人気ドラマだった、逃げ恥を心理学的に解説すると「親密感の恐れ」がテーマになっているんですよね。

その逃げ恥のドラマシーンを挟みながら、解説させて
頂きました。

会場ではこんな感じで1人PCに話しています。

そして、講座の最後に、私ヤタがどうやって親密感の恐れを乗り越えたのか?を

「親密感の恐れの現場から」ということで、リアルな
体験談をお話させて頂きました。

※※

講座終了後にも、沢山のアンケートのご記入も頂きましたので、少しご紹介したいと思います。

親密感の恐れについて基礎がわかりました。またヤタさんの個人的な体験をシェアしていただいたのが、
大変参考になりました

 

・ヤタ先生のお話しは分かりやすくて、とても勉強になりました。

 

・ヤタさんのわかりやすい説明や、ヤタさんご自身の優しいご性格でとても有意義な楽しく優しい時間に
なりました。

 

・「親密感の恐れがある自分として生きる覚悟」のお話がとてもよかったです。

 

・全体的にざっくりとはわかっていたことでしたが、ヤタさんの的確な言葉と説明のおかげで、とてもよく理解できました。

 

・親密感の正体がわかりました。自身の体験をベースにしている、というのが自分にとってツボでした。

素敵なご感想ありがとうございます。

ここではご紹介出来ないほど、沢山の方からご感想を
頂いております。

他にはこんなご意見も頂きました。

・正直、講義の部分はあまり目新しい情報もなかったので期待に届かなかった感がありますが、いくつか紹介いただいたワークは自分でやってみたいと思いました。

 

せっかくご参加して頂いたのに、ご期待に添えず
申し訳ありませんでした。

私の勉強不足や未熟さからのものだと思います。

次回の開催時の糧とさせて頂きます。

貴重なご意見ありがとうございました。

・講義中にホワイトボードを使って解説されていましたが、あの絵やコメントは事前に描いておいても差し支えないように私は思いました

 

おっしゃる通りでございます。

講座中の貴重なお時間を無駄にしてしまい、大変申し訳
ありませんでした。

次回の開催からは、貴重なお時間を無駄にしないよう
準備等を含めて対応したいと思います。

貴重なご意見ありがとうございました。

※※

皆様からのアンケート、は全て目を通しております。

皆様のご意見を真摯に受け止めて、今後の講座やセミナーの開催につなげて行きたいと思います。

まだまだ未熟な点が、数多くございますが、今回は皆様の貴重なお時間をありがとうございました。

少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

今後とも宜しくお願い致します。

椙山眞伍ヤタ

※※

ヤタの活動メニュー

★ヤタのカウンセリングメニュー

★カウンセリングスケジュール

お申し込みはカレンダー方式になっております。

ご希望日、ご希望時間の赤文字をクリックしてお申し込みくださいね。

ヤタのYoutubeチャンネル「ヤタチャンネル」

お問い合わせはこちら

 お悩み相談、その他お問い合わせな
ど業務に関する内容はこちら

関連記事

  1. 根本師匠とコラボセミナー「慢性的な問題を愛で癒やす1Dayセミナー」を…

  2. Zoom(オンライン)お茶会を開催しました!

  3. 「Five Counselors 1day Workshop」開催のお…

  4. 【ご感想】貴方の彼・夫の男性心理を教えます!!~気軽にZoomお茶会~…

  5. 【ご感想】男性カウンセラーさんのお話とっても参考になりました「貴方の彼…

  6. 【御礼】東京・神楽坂にて恋愛心理学講座を開催しました

  7. 11/20心理学講座「罪悪感のワナから抜け出して自分らしく生きる」を開…

  8. 【ご感想】すごくわかりやすいお話で、しかもひとりひとりの相談にも乗って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。