【ココロのマルシェ】妻の浮気が発覚してからもうまる2年。 現状、再構築できておらず別居や離婚で悩んでいるメンズです!

こんにちは、パートナーシップ専門カウンセラーの椙山眞伍(ヤタ)です。

先日、飛行機好きの友人から、プレゼントをいただきました。

それは、こちら

アロマオイルなのですが、こちらのアロマオイルは私が愛してやまないANAの空港のラウンジに使用されている匂いなんですね。

いつも、空港のラウンジに行くと「あーいい香りだなぁ」と思っていたのですが、実はこのオイルが販売されていたらしく、ANA好きの私の為に購入してプレゼントしてくれました。

自宅にいながらして、ANAラウンジの香りが楽しめるので、本当にテンションも上がります!!

ブログを書く時はいつも、このアロマオイルを使用しています。

自分のテンションを上げることを、知っておくのもやっぱり大切だなぁと改めて思いました。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*

今回も「ココロのマルシェ」に寄せられたご相談にお答えしていこうと思います。

妻の浮気が発覚してからもうまる2年。 現状、再構築できておらず別居や離婚で悩んでいるメンズです!

妻の浮気が発覚してからもうまる2年。
現状、再構築できておらず別居や離婚で悩んでいるメンズです!

発覚してから根本先生のブログを読み漁りだいぶ自己肯定感は高まってきていると思います。

ですが、妻との距離は縮まらず、今では話しかけても返事も少なくなり、はい、かいいえでしか答えてもらえず、会話も全く続かなくなり、妻は家をよくあけるようになりました。

最近は疲れ果てたのもあるかもしれませんが、妻が一緒に居たくないなら、自分といない方が幸せになれるなら別れてもいいかと思うようになり、妻にそのことを話しました。

そこで久しぶりに妻の本音が聞けたのですが、それは
発覚してから最初は再構築に向けて頑張ったけど、僕に対する感情が戻らずどうしたらいいかわからない

冷たくあたってしまう
離婚した方がいいのかなと考えてしまうけど、子供達の事を考えるとどうしていいかわからなくなる

昔だったらこんなこと言われてショックだったと思いますが、自己肯定感が上がったのか、疲れきってしまっているのか、そこまでのダメージを受けなかったです!

その話し合いもまとまらず今は曖昧な感じで生活しております。離婚してもいいと思っているのにどうしてそれをはっきり切り出せないのか?
それを考えていた時に恐れだと気付きました。

妻が夜、仕事で遅い時もリビングで一人でテレビを見ながら、そろそろ帰ってくる!と思うと会うのが気まづい、何を話していいかわからない、という思いからそわそわして寝室に逃げ込みます。

何を話しかけても妻は嫌悪感しかないので、話すこと自体も怖くなりました。

妻と二人でいると常に緊張状態だし、話し合いを持ちかけたら別居か離婚になるんだろうな、でもそうした方が良いんだろうな、俺の心は妻と距離を置かないと壊れそうなのにその行動がとれない。まだ未練があるのか、子供達の事が心配なのか

もうわけわからなくなってきました。

自分で言うのもなんですが、結構いい旦那をやってきたつもりです。妻にプレゼント、家事を手伝う、子供たちと遊ぶ、できる限り妻の希望に沿う形でやってきたつもり。

周りにはお前優しすぎると言われます。けど、優しすぎて、何が悪いの?って思ったりもします。

愚痴のような相談。相談にもなってないかもしれませんが、何かアドバイス頂けたら幸いです。

別居や離婚問題で悩んでいる時って、本当に辛いですよね。

正解や正しい答えなど無いと頭では理解していても、思考を使ってどうしたら良いのだろう・・と色々と考えたり、自分の感じる感情に苦しんだり。

本当に心に余裕が無くなってしまって、自分を見失いがちになってしまいます。

自分の実体験から、こんな時こそ今、自分にできることをやって行きましょう!!というお話です。

>妻の浮気が発覚してからもうまる2年。現状、再構築できておらず別居や離婚で悩んでいるメンズです!

奥様の浮気が発覚して2年経過するとのことですが、体調等は大丈夫ですか?

そして、浮気が発覚した当初はとても辛かったですよね。

とくに男性の場合ですと「自分がいけなかったんだ」「自分が全て悪い」など、自分を責めてしまいがちになると思います。

あくまでも、パートナーシップはイコールパートナーですので、過度に自分を責めたりはしないでくださいね。

>発覚してから根本先生のブログを読み漁りだいぶ自己肯定感は高まってきていると思います。

師匠のブログを読んで、自己肯定感が上がったということで、それはとてもいい傾向だと思います。

自己肯定感は高くても困りませんので、もっと自分を大切にして好きになれるといいですね。

>ですが、妻との距離は縮まらず、今では話しかけても返事も少なくなり、はい、かいいえでしか答えてもらえず、会話も全く続かなくなり、妻は家をよくあけるようになりました。

奥様と距離を縮めようと、頑張って来られたのですね。

奥様に話しかけて返事が少なかったり、会話が続かない状態が続いたりすると、悲しい気持ちも感じますし「俺って何やっているんだろう」など色々な感情が湧いてきますよね。

書かれている文章からしかわからないのですが、奥様は

まさのさんが嫌いというよりも、そこで感じる罪悪感という感情を感じるのが嫌だから、奥様は家をあける=距離をとるということを、しているのではないでしょうか?

>最近は疲れ果てたのもあるかもしれませんが、妻が一緒に居たくないなら、自分といない方が幸せになれるなら別れてもいいかと思うようになり、妻にそのことを話しました。

この考えを持てることって、本当に凄いです。

自分の幸せや執着を超えて、相手の幸せを願えることって、成熟した大人の考えだと思いますし、自分のエゴや欲を超えて、相手に幸せの選択権を委ねることって、なかなかできることではありません。

まさのさんが、浮気が発覚してから自分自身と向き合って来られたので、このようなお話が奥様にできるのではないかなと思いました。

>そこで久しぶりに妻の本音が聞けたのですが、それは、発覚してから最初は再構築に向けて頑張ったけど、僕に対する感情が戻らずどうしたらいいかわからない冷たくあたってしまう
離婚した方がいいのかなと考えてしまうけど、子供達の事を考えるとどうしていいかわからなくなる。

奥様も実は、苦しんでいたのですね。

奥様がまさのさんに対して、感情が戻らないことで苦しんでいるということを聞くと、まさのさんからすると「自分が原因になって苦しんでいるのならば・・」と思ってしまうかも知れません。

でも、ここでポイントなのは、お互いに再構築したいという気持ちがあるということです。

もし、まさのさんも奥様も、本当に気持ちが無いのならば、この関係性に苦しむ必要がなく離婚に向っていると思います。でも、何とかやり直したいという気持ちがあるからこそ、苦しんでいるのです。

そして、辛いのはまさのさんだけではなく、奥様も辛いんですよね。

この視点を忘れないようにしたいですね。

>昔だったらこんなこと言われてショックだったと思いますが、自己肯定感が上がったのか、疲れきってしまっているのか、そこまでのダメージを受けなかったです!

ここの場面で取り乱すことなく、そこまでダメージを受けずにいれたことで、奥様は本当に助かったと思います。

それは、まさのさんが取り乱せば、奥様は罪悪感を感じるからです。

浮気をしてしまった罪悪感、自分の気持が戻らない罪悪感など、自分を責めている気持ちが奥様は強いと思いますから、本当に冷静に対応できて良かったと思います。

>その話し合いもまとまらず今は曖昧な感じで生活しております。離婚してもいいと思っているのにどうしてそれをはっきり切り出せないのか?
それを考えていた時に恐れだと気付きました。

無理に結論出さずに曖昧な感じでも、それはまさのさんと奥様の関係性の話ですし、世の中には色々なタイプの夫婦の形がありますので、それで良いと思います。

離婚を切り出せないのが、恐れということに気がついたとのことですが、それは、どのような恐れだったのでしょうか?

もしこれが、離婚する恐れだとしたら、まさのさんは離婚することで、どのようになってしまうと思っているのでしょうか?

ちょっと自分と向き合って考えてみてくださいね。

>妻が夜、仕事で遅い時もリビングで一人でテレビを見ながら、そろそろ帰ってくる!と思うと会うのが気まづい、何を話していいかわからない、という思いからそわそわして寝室に逃げ込みます。

何を話しかけても妻は嫌悪感しかないので、話すこと自体も怖くなりました。

ご相談の最初に「奥様がよく家をあけるようになった」と書いてありましたが、実はまさのさんにもおなじようなことが起きています。

それは、奥様と会う時に感じる感情を、まさのさんが感じたくないので、寝室に逃げ込んでいる状態だと思うのですね。

まさのさんはこの時に、どんな感情を感じるのが嫌なのでしょうか?

奥様に話しかけた時に嫌悪感を感じているとしたら、まさのさんからすれば、とっても辛いことだと思います。

ここで1つ質問なのですが、まさのさんが話しかけた時、奥様はどんな顔をしているのでしょうか?

もし、奥様の顔に意識を向けたことが無かったら、1度、どんな顔をしているのか?見てみてください。

それは、まさのさんが思っていた顔とは、違うかも知れません。

>妻と二人でいると常に緊張状態だし、話し合いを持ちかけたら別居か離婚になるんだろうな、でもそうした方が良いんだろうな、俺の心は妻と距離を置かないと壊れそうなのにその行動がとれない。まだ未練があるのか、子供達の事が心配なのかもうわけわからなくなってきました。

このような時って、どうしてもどれが正しいのか?どれが正解なのか?どうすれば上手く行くのか?などに意識が向いてしまいがちです。

確かに、奥様への気持ちや、子供のことなど、本当に離婚することを考えると、現実的に沢山の決断をしなければいけないですから、色々とシュミレーションしてしまいますよね。

私も離婚経験があるので、最後の決断出来ない時って、思考で「どうすれば良いのか?」を考えてばかりで、なかなか行動が取れなかったんですよね。

実は、思考で考えている時って、行動することが出来ないんですね。

ですから、気持ち的には復縁に向けて行動する、離婚や別居に向けて行動するなど、まだ、次の行動に移すまでの心の準備や覚悟が、出来ていないのかも知れません。

>自分で言うのもなんですが、結構いい旦那をやってきたつもりです。妻にプレゼント、家事を手伝う、子供たちと遊ぶ、できる限り妻の希望に沿う形でやってきたつもり。周りにはお前優しすぎると言われます。けど、優しすぎて、何が悪いの?って思ったりもします。

愚痴のような相談。相談にもなってないかもしれませんが、何かアドバイス頂けたら幸いです。

奥様の希望に沿う形で行動されてきた、優しい旦那様だったのですね。

優しすぎることに、悪いということは無いのですが、文章を読んで私が思ったことは「まさのさんの意志はちゃんと表現してきたのかな?」ということです。

優しいということは、とても良いことですが、自分の意見や意志を我慢したり、他人を優先することって実は「優しさ」ではなく「犠牲」と心理学では呼んでいます。

まさのさんが、自分自身をちゃんと尊重して、その上で相手に譲っているのならば、なんら問題ではありません。

自分自身の意志や想い、願望などをちゃんと自分に与えていないとすれば、それは見方を変えると「自分を大切にできていない」とも言えます。

このあたりも、文書からではわかりませんので、1度ご自身でチェックされてはどうかなと思います。

最後に、子供がいて離婚した経験も踏まえて、今回、ご提案することができるのは「離婚はいつでもできるので、まさのさんが後悔することなくやれることを全部やりましょう!!」ということです。

離婚って本当に、いつでもできます。

でも、離婚してもう1度奥様とやり直すことって、かなりハードルが上がると思うのですね。

だからこそ、世間や周りの意見に捕らわれずに、まさのさんがしたいと思うように行動することが、本当に大切なんです。

どんな形でも良いんです。

決断をしなくちゃいけないってこともないのです。

奥様には奥様の考えがあり、奥様は自分で自分の人生を選択する権利があります。同等にまさのさんにも自分の人生を選択する権利があります。

今、勇気を出してご自身が「本当にどうしたいのか?」と自分の気持と真摯に向き合うことで、いつか絶対に「やれることを全部やったから仕方ない」ってどんな結果になっても言えるようになれます。

この「やれるだけやった」という気持ちが、自分の人生を生きる自信に繋がっていきます。

本当にまさのさんが望む人生を生きてください。

応援しています。

参考になれば幸いです。

今回はありがとうございました。

・有料になりますが、カウンセリングメニューはこちらです。→カウンセリングメニュー

・遠方の方や名古屋、東京以外の方でもピント来られた方は、まずは、ご連絡下さいませ。→お問い合わせ

・このような形でご相談に回答させて頂きます。お悩み相談室はこちらから→お悩み相談室はこちら

・ココロのマルシェに戻る→ココロのマルシェ

 

 

 

 

関連記事

  1. 【ココロノマルシェ動画deカウンセリング】気持ちを伝える方法

  2. 【ココロノマルシェ動画deカウンセリング】Q・子どもの時のトラウマ?恨…

  3. 【ココロノマルシェ動画deカウンセリング】自分が愛したいと思う人に出逢…

  4. 【ココロのマルシェ】彼は「結婚は地獄!」と言い、「俺と結婚しても、絶対…

  5. 【ココロノマルシェ動画deカウンセリング】離婚に向けて、後は経済的に自…

  6. 【ココロノマルシェ動画deカウンセリング】自己肯定感が超絶低い夫にイラ…

  7. 【ココロノマルシェ動画deカウンセリング】自由恋愛への罪悪感

  8. 【ココロノマルシェ動画deカウンセリング】いろいろな感情の波が押し寄せ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 野良猫男子のリアル恋愛

  2. YoutubeLive

  3. YoutubeLive

  4. YoutubeLive

  5. お知らせ

お問い合わせ

お問い合わせはこちら