男性心理の解説はヤタにお任せ!!

【心理学】そもそも「癒し」ってなんですか?

  
\ この記事を共有 /
【心理学】そもそも「癒し」ってなんですか?

こんにちは。

心理カウンセラーの椙山眞伍ヤタです。

 

まずはお知らせ

10月個人カウンセリング受付中!!

(受付終了は10/1(日)まで)

・親密感の怖れ

・恋愛問題や音信不通問題

・人間関係のお悩み

・男性心理や男性目線のアドバイス

・夫婦の問題や関係修復 など

皆さんのお悩み解決へヤタがサポートします。

★10月のスケジュールはこちらをクリック

★カウンセリングメニューはこちらから

お申し込みお待ちしてます。

お申し込みはこちら

 

さてさて

今日は「そもそも癒し」ってなんですか?

こちらのテーマについて書いていきます。

皆さんも一度は聞いたことがある「癒される」という言葉。

色々な場面で使うと思います。

例えば

・猫が可愛くて癒される

・ベビーカーの赤ちゃんに癒される

・海辺の綺麗な景色に癒される など

一般的には心が和むという、意味合いで使われると思います。

でも、心理学での「癒し」というのは、ちょっとニュアンスが違うんですね。

 

心理学でいう「癒し」とは

「あなたの解釈や物事の見方を変えること」を表します。

例えば

あなたは婚活中。

誰か良い人はいないかなーと、アプリで探していると「あれ、何かこの人いいかも!」という彼に出会います。

あなたはその彼にアプローチをし、彼の反応も悪くなく、トントン拍子でお付き合いすることに。

あなたは大好きな彼に夢中になって、毎日がハッピー!!

「神様って本当にいるのねー」と上機嫌で過ごしていたのですが・・

あの人の存在が気になるんです。

それは「お母さん」の存在。

 

彼氏に夢中になっていると、デートから帰ってきてお母さんが言いいます。

「今日は遅かったね」って。

その言葉を聞くと、何故かお母さんが「1人ぼっちで可哀想だな…」と思うんです。

すると、大好きな彼とデートに出かけると、どこか悪いことをしている気分になってしまい、彼の前で笑えずデートも盛り上がらず終了。

そのような事を何度が繰り返していたら、彼との関係性に溝ができ最後には音信不通状態に。。。

この時に、彼女の心の中にあるのは

「お母さん1人ぼっちで可哀想」という罪悪感。

この罪悪感をお母さんに感じているので、彼とのデートを楽しむことができないんですね。

このような時に「罪悪感を癒しましょう!」って提案するんです。

 

この記事を書いている本日から、リトリートセミナーというのを開催しています。

その中では「ロールプレイ」という心理療法を行うのですが、このロールプレイというのが、この癒やしを起こすのにとても効果的なんですね。

ロールプレイというのは、実際に人を使って心の中の状態を見える化し、その心の中にある葛藤を人を使って解消するという物。

言葉で表すと難しいですが、こんな感じで行います。

(画像は箱根リトリートセミナーでの様子)

 

今回のケースでは、会場からお母さん役を選んでいただいて、クライアントさんがお母さん役の方と向き合います。

すると不思議なことに、クライアントさんは目の前のお母さん役の方に、本当にお母さんと向き合った時の感情を感じるんですね。

(本当に不思議なんですけどね、心にはこのような性質があるんです)

そして、目の前に向き合ったお母さん役の方に、今まで言えなかった言葉を言ってもらいます。

「お母さん、1人ぼっちにしてごめんなさい」

「淋しかったよね」

「私、ずっと側にいるから」

このような罪悪感の言葉が、沢山でてきます。

でも、この罪悪感が出るのは裏側にはとても大きな「お母さんへの愛」が隠れているんですね。

ここで、ごめんなさいではなく、愛の言葉に変換して伝えます。

「お母さんのこと、ずっと大好きだった」

「お母さんを私が守らなきゃって、思っていた」

罪悪感を愛に変化することで、罪悪感での繋がりから愛ベースの繋がりに変わります。

 

そして、お母さんが大好きだからこそ、あなたが幸せになることで、お母さんを幸せにさせてあげませんか?

このような提案をしクライアントさんには、自分が幸せになる道へ進んでもらいます。

目の前に立っている、お母さん役に背を向けて一歩、一歩、自分の幸せへの道へ歩きます。

最初は背中に淋しさを感じますが、私が幸せになることが、お母さんの幸せに繋がる。

このことが、腑に落ちているからこそ、お母さんを手放すことができるんですね。

 

私の幸せ→お母さんが悲しむから優先できない。

私の幸せ→お母さんも幸せになり、2人で幸せを分かち合える

心の中の解釈と物事の見方が、変わっていますよね。

これを心理学では「癒し」と呼んでいます。

その後は、不思議とお母さんからの「遅かったね」の言葉に、ネガティブな感情は感じません。

「うん。彼とデートでとても楽しかった」と笑顔で返事を返せるようになるんですね。

カウンセリングやグループセラピー、イメージワークでの癒し。

参考になれば幸いです。

それでは。

上記のようなロールプレイを行う1dayセミナーを、12/9(土)東京・神楽坂にて開催予定です。

ご興味がある方はスケジュールチェックをお願いしますね。

近日中に詳細発表します!

 

個人カウンセリングでは、イメージの中で行うイメージワークを提供しています。

10月個人カウンセリングは10/1(日)が締め切りです!

「癒し」を体験し、現実を変えたい方はぜひ、個人カウンセリングへ!

お申し込みお待ちしています。

★個人カウンセリングはこちらから

★10月のスケジュールはこちらをクリック

★カウンセリングメニューはこちらから

お申し込みお待ちしてます。

お申し込みはこちら

 

10/29(日)大阪ヤタカフェは残席2名募集中!

ヤタと一緒に楽しくお話ししませんか?

※公式LINEへのご登録はこちら

ご登録いただくと、

・登録者限定記事や、男性心理の解説

・登録者限定YouTubeライブを開催

先行予約やイベント盛りだくさんで配信中です^^

もし、気になる方は下記よりご登録して、お待ち下さいね。

友だち追加

ヤタの活動メニュー

ヤタのYoutubeチャンネル「ヤタチャンネル」

★ヤタの動画販売サイト「ヤタストアー」はこちら

★お悩み相談、その他お問い合わせなど業務に関する内容は下記からお願いします。

お問い合わせはこちら

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright©心理カウンセラー椙山眞伍公式ブログ,2023All Rights Reserved.