【自己肯定感を上げる3DAYSプログラム(名古屋)】の参加しての気づき

こんばんは、パートナーシップ(恋愛・夫婦)専門カウンセラーの椙山眞伍(ヤタ)です。

一昨日になりますが、タイトルにもあります【自己肯定感を上げる3DAYSプログラム(名古屋)】にファシリテーターとして参加してきました。

熱弁中の根本師匠です。

今回は、ファシリテーターということで、普段のアシスタントでは無くて、セミナーのグループにも参加するということで、僕自身もノートを購入して久しぶりにガッツリと事前課題からトライしました。

まずは、自己肯定感を上げる為に必要なファクターである「自分を知る」ということ。

・自己肯定感が上がると自分ではどうなると思っているのか?

・今までの人生で自分なりに頑張った事

・自分の好きなもの・自分の嫌いなもの(50個以上)

・貴方の長所・短所(20個以上ずつ)

こちらが、事前課題でやってみた感想は「まぁ、自分の趣味嗜好はすんなりと書けた」感じでした。

ただ、僕の場合は心理学を学んでセミナー慣れや、ワーク慣れしてしまっているので、表面上の回答にならないように、そのあたりは、注意しないといけないなーと思いました。

当日のセミナーでは、参加者さんのグループに入れてもらいながら、事前課題のシェアをしたり、事前課題から

・自分の長所が役に立つ人はどんな人か?

・短所からどんな人を役に立立たせて上げることができるのか?

をグループみんなで意見を出し合うというワークがありました。

ファシリテーターもグループの中に入って、意見やアイデアを出すのですが、僕が担当したグループはどこも、意見やアイデアが沢山、出てくるので「皆さん凄いなー」と思っておりました。

※※

後半戦はグループワークから、書き出しのワークになり「家族関係の嫌な感じ」を感じていました。

僕は、生後1ヶ月で母親と生き別れて、叔母に育てられ、後妻さんに引き取られるという、何とも複雑な家庭環境なので、まぁ、心のどこかに後遺症が残っているのは仕方ないと、良い意味で認めています。

今でも、母親との生き別れから「見捨てられ不安」もありますし、自由やクリエイティブなことが好きなのに「安定志向」になって、自分を苦しめている所もあります。

でも、それを本人自身がちゃんと理解しているのか?が一番大切かなと思います。

それに、母親との関係性も、とても大切なんですが、僕には向き合わないといけない1人いまして・・。

もう、おわかりだと思いますが「父親」です。

この父親なんですが、本当にどうしようもないくらいのジャイアンぶりなんです。

最近では、年齢のこともあり、勢力が衰えたので、丸くはなりましたけどね。

僕が母親と生き別れた原因の離婚も、浮気でしたし、その後も後妻さんと再婚しても、ずっと愛人を作り続け、家にはほとんどおらず、ギャンブルで生活費も使うし、お小遣いも使い込み。

それでいて、自分の思う通りにならないと怒鳴り散らすという、絵に描いた昭和の亭主関白の親父って感じでした。

僕は、産みの母親と生き別れたので、父親に見捨てられてしまったら、子供の視点だと「生命の危機」になるので、父親の顔色を伺い空気を読み、機嫌が悪くならないようにと、最新の注意を払いながら、ずっと生きてきました。

僕は今年で42歳なのですが、父親に対しては逆らったことがありませんでした。

しかし、とうとう、今年の夏に人生で初めて父親に対して「嫌だ」と自分の意思を伝えたのです。

ええ、それは、僕にとっては衝撃的なチャレンジで、細木数子さんの「地獄に落ちるわよ!!」と言われて、本当に地獄に落ちてしまうのかも?くらいの衝撃体験でした。

そんな感じで、現在は父親とは冷戦というか、音信不通になっております。

※※

こんな話をすると「音信不通で父親になにかあったら、後悔するよ」というアドバイスをされるのですが・・・

「音信不通のまま何か合っても僕は後悔しないです」

えっ!!本当に??と思われるかもですが、まぁ、後悔はしないと思います。

このセミナーの後に、思い出したのですが、以前に、祖父が倒れて結構ヤバいから親族集合!!って時に、父親は「俺は行かない」と言い出し、病院に来なかったんですね。

当時の僕は「はいはい。また出たよ!!訳のわからないジャイアンが」と軽蔑しながら呆れていました。

その後に祖父は旅立ったのですが、母親と話をした時にこんな話を聞かされるんです。

私ヤタ「親父さ、最後の最後も病院に来ないって人としてどうなのよ?俺は理解できんわ」

母親「なんかね、お爺さんの弱った姿を見たくないんだってさ。お爺さんのこと尊敬して大好きだから・・。立派な姿のままでいて欲しいみたい」

当時は、何だそれ??って思っていましたが・・・。

実は、この感情や想いは、今の自分が父親に対して、思っていることや感じている感情と、全く同じだったことに気がついたんですね。

かなりの年月が、経ってしまいましたが、父親のあの時こんな気持だったのかーって。

そして、もう1つ気がついたのが(本当は気がつきたく無かったかも)この感情や気持を持っているってことは、僕が親父を尊敬して、大好きだってこと??

う~~~ん。

認めたくない!!

だって、認めてしまうと、自分が我慢して頑張ってきたことが「愛」に変わってしまうから。

かわいそうな私のストーリーが「愛のストーリー」になってしまうから。

これこそが正に「自作自演」だ。

ダサい。本当にダサ過ぎる。

でも、なかなか簡単には素直にはなれないけど、このブログの中ならば素直になってもいいかなと思う

 

「お父さん、大好きだよ。貴方の子供で良かったと思う。親父、カッコいいよ」

今日は、恥ずかしいので、このくらいにしておきます。

【自己肯定感を上げる3DAYSプログラム(名古屋)】の2回目も、どうぞよろしくお願いします。

なんだか、まとまりのない文章ですみませんです。

それでは、おやすみなさい。

※※※※

・有料のカウンセリングメニューカウンセリングメニュー

・カウンセリングお申込みはこちらカウンセリング申込みページへ

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 名古屋マリオットで思いついたビジョン~ラウンジカウンセリングがやりたい…

  2. 平成の最後の日は神社にご挨拶に行きました

  3. 罪悪感ストーリーを愛のストーリーに変える

  4. 習慣化の力って凄い!!

  5. 娘とランチデート&夜桜見物

  6. 【満員御礼】貴方の不安が「安心感」に変わる!!弁護士と心理カウンセラー…

  7. 新潟に行って来ました。~グルメ紹介も有り~

  8. お弟子さん制度2期のスタートまで、カウントダウン!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。