11月25日という日~当たり前の日々にあるもの~

こんばんは、パートナーシップ(恋愛・夫婦)専門カウンセラーの椙山眞伍(ヤタ)です。

今日も夜更けの更新となりましたので、サクッと行きたいと思います。

この記事を書いている時間は11月26日の0:15分。

実は11月25日は、私の別れた娘の誕生日でした。

今となっては娘と連絡を取り合い、お互いの都合で合うこともできるので、嬉しい日という認識ですが
娘と逢えなかった9年間は、11月25日を迎えることが嫌で嫌で仕方ありませんでした。

だって、

娘をお祝いしたくても、目の前に娘の姿はありませんから。

 

小学校の低学年だった時に逢ったのが最後なので、思い出してお祝いをしようと思っても
娘の顔が思い出せないのです。

どんな感じだったっけかな・・。

もっと、背が伸びているかな・・。

笑うと俺に似ているんだよな・・。

こんなことを思い出しながら、最後の面会の時間に取った写真をみて、想像するしかありませんでした。

写真の中の娘は、ずっとずっと笑顔のまま。

この笑顔のまま、過ごしてくれたらいいな。

泣いていないかな?

元気でやっているかな?

俺のこと嫌っているよな・・。

こんな感情を毎年、11月25日は思い出せるので、大嫌いな日でした。

※※

離婚するという選択をした事を、後悔したことは一度もありません。

でも、娘と離れたことや、成長を見ることが出来なかったことや娘に負担を掛けたことなど、今でも考えてしまうことはあります。

そして、一番考えることは

「娘といる時間は、当たり前では無かったということ」

この当たり前だと思っていた自分に、今でも怒りを覚えることがあります。

「当たり前なんてこの世に存在しない」って頭では理解している。
けど、私達はどこかしら、この時間がやって来ることに慣れてしまい、いつの間にか忘れてしまう。

「当たり前の時間って、本当に無いですよ」って、今の自分ならば痛い程わかる。

当たり前の反対は「有難い」という言葉。

だから、今の生活にもう一度振り返ってみて下さい。

貴方の周りにある「有難い」を沢山探して欲しいと思います。

辛い思いや、後悔は僕だけ十分ですから・・。

 

それでは。

おやすみなさい

 

 

関連記事

  1. お弟子さん制度1期卒業式でした。

  2. 「お金を稼ぐのはどうして悪なのか?」を考えてみました~驚きの結果にビッ…

  3. 新潟に行って来ました。~グルメ紹介も有り~

  4. 根本さんのお弟子先生制度2期のプレセミナーに参加してきました。

  5. 空港カウンセリングにチャレンジしてきました

  6. 「集客」できない自分は価値がない?!と思っていませんか?

  7. 自分の頑張りを素直に認めてあげること

  8. ヤタがユーチューバーになるってよ!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。