「Five Counselors 1day Workshop」ヤタのシークレットストーリー~あなたを応援してくれる人は誰ですか?~

こんにちは、カウンセラー歴7年、カウンセリング
人数700人以上の問題を解決に導いた

夫婦心理学カウンセラーの椙山眞伍ヤタです。

先日に開催しましたこちらのイベント

「Five Counselors 1day Workshop」ですが大好評にて
終了しました。

改めまして、ありがとうございました。

実はこちらのイベントですが…

ヤタは辞退する予定でした。

えっ!と思うかも知れません。

でも、本当なんですね。

当時のヤタに何が起こっていたのか?を知る人は
ほとんどいません。

そして、昨日のイベントに参加しようと思い直したのには理由がありました。

その全てを書いていこうと思います。

※※

12月の年末近く。

ヤタ
ヤタ
大変申し訳ありませんが、辞退させてください

このメールを、根本さんに送信しました。

もともとは、今回のグループカウンセリングのお話を
頂いたのは、昨年の秋ぐらいだったと思います。

お弟子の同士のカウンセリングを、見る機会がないから
その場を作ろう。

そんな意図から、今回のイベントが企画されました。

ヤタはその頃、初めてのお弟子さん講師として悩みながら
葛藤を続けていました。

「どうやったら上手く3期生に伝わるのだろう?」

「どのようにして関わりを持てば良いのだろうか?」

「講師としてどう接したらいいのだろうか?」

初めてのことだらけで、余裕がありませんでした。

3期の受講生達に何かしら原因があった訳ではありません。

それは、自分の中の痛みという名の「恐れ」でした。

毎回毎回、強いストレスを抱えながら講座に参加して
3期生の前では笑顔を見せて…

自分の限界が来たことにさえ、気が付かずボロボロになって名古屋に帰る。

自分にも自信が持てずに、何を信じていいのかもわかりません。

そして、ふと思ったんです。

ヤタ
ヤタ
お弟子さんの講座に行くことしんどいな…って

それが、発端となりついに年末に、師匠の根本さんに
メールをしました。

最初の冒頭の文章がそれです。

残念だけど無理ならば仕方ないですね
根本さん
根本さん

根本さんは受け入れてくれましたが、

この時は、人の前に立つことが、とても恐怖でした。

ヤタ
ヤタ
人が怖い・・

こんな感覚をいつしか感じるように、なっていました。

「自分の代わりはいくらでもいる」
「自分じゃ無くてもいいだろう」

そんなことを言い訳にして逃げ回る。

その後に感じる罪悪感で、自分を責める日々が続きました。

当時を振り替えると、この時は苦しみから解放されたい一心だったと思います。

罪悪感には苦しんだものの、少しだけ気持ちも軽くなり、自分の中で整理がついて来た時に

ある1通のメールが届きます。

そのメールは、事務局のKちゃんからでした。

Kちゃんは、僕のカウンセリングを受けてくれたことがある、クライアントさんの1人。

そのKちゃんからのメールの内容は

Kちゃん
Kちゃん
ヤタさんが、グループカウンセリングを辞退したこと聞きました。私はヤタさんのカウンセリングの凄さを一般の方にもっと知って欲しい!!と思っているので公開での披露する機会が無くなった点では残念・・。

このメールをみて

「そうは言っても、出来ないんだよね」って、思っていました。

でも、どこか胸に辺りがザワザワしてこんな言葉が浮かんできます。

ヤタ
ヤタ
おい、本当にこのまま終わっていいのか?
お前は応援してくれる人を、裏切るのか?
ヤタ
ヤタ
ヤタ
ヤタ
たった1人でも、自分のカウンセリングをいい!って言ってくれる人を見捨てるのか?
お前は何のために、カウンセラーやってんだよ!
ヤタ
ヤタ
ヤタ
ヤタ
1人でもお前の事、わかってくれる人がいるならばやらないと男じゃねーだろう!

自分自身の弱気の心に、怒りを感じて思いました。

逃げてる場合じゃねーって。

Kちゃんのメールが、自分の中の弱気の虫を追い出して
くれたんです。

Kちゃんの思い応えるべく、グループカウンセリングの
辞退を撤回せねばと思い

早速、根本さんに連絡をとります。

こんな時に、タイミングというか、いつもならば起きないことが起こるんです。

根本さんに

ヤタ
ヤタ
お話したいのですがお時間ありますか?

と連絡すると

今ならば大丈夫ですよ
根本さん
根本さん

返信が珍しく来るのです。

根本さんって、日頃めちゃくちゃ忙しい方なのに絶妙な
タイミングが重なり電話します。

ヤタ
ヤタ
あの、先日にお断りしたグループカウンセリングですが、もう一度やらせて頂きたいのですが、お願いします
あっ、いやそれはお願いできるならば是非やって欲しいよ
根本さん
根本さん

断られるかな?と思いましたが、誰か1人でも応援してくれる人がいるならば

ベストを尽くそう。

結果的に断られたら、それはその時に考えよう。

そんなことを思いながら、電話をしました。

もちろん、お願いするのは根本さんだけではありません。

イベントに参加するカウンセラーの仲間にも、謝罪をして改めて参加者として

認めてもらえるように、お願いをしました。

そんな、出来事があっての先日のイベント。

だから、めちゃくちゃ緊張してました。

1人だけではなく、沢山の人達に支えてもらい
カウンセリングさせてもらったのですから。

絶対に、コケるわけにはいきません。

結果は・・・。

1人、座っている、室内の画像のようです

無事に全力を出し切ることができました。(笑)

あのイベントには、こんな裏話がありました。

※※

まあ、他の方からすれば対したことはないかも
知れません。

でも、これだけは覚えておいて欲しいです。

私達、人間って本当に弱い生き物です。

そして、ついつい自分自身の仕掛けたワナにハマって
動けなくなってしまう時が、人生にはやってきます。

その時、私達って自分の為には、もう頑張れないって
思っても自分のことを信じて、

応援してくれる人達の為には、頑張ることができるんです。

それが、たった1人でも。。

もしも、あなたが人生で動けなくなってしまった時は
思い出してみて下さい。

あなたのことを、応援してくれる人が必ずいますから。

背中を押してくれるのは、あなたの幸せを祈り応援して
くれる誰かの想い。

この想いが、あなたの止まった足を一歩前に進めて
くれます。

あなたの事、応援してくれるのは誰ですか?

あなたの幸せを祈ってくれるのは誰ですか?

誰もいないよ!って思う方は、ヤタを思い出して下さい。

ヤタがあなたを応援し幸せを祈ります。

そして、あなたが幸せになった時には、一緒に喜びを分かち合いましょうね。

1度きりの人生、あなたの幸せを祈っています。

根本さん、Kちゃん、えっちゃん、ケイティー、洋子ちゃん、ジュンコちゃん。

そして、参加者の皆様と会場のスタッフ皆さん。

沢山の愛をありがとうございました。

それでは。

※※

ヤタの活動メニュー

3月のカウンセリング絶賛募集中!!

★ヤタのカウンセリングメニュー

★カウンセリングスケジュール
・お申し込みはカレンダー方式になっております。
ご希望日、ご希望時間の赤文字をクリックして
お申し込みくださいね。

ヤタのYoutubeチャンネル「ヤタチャンネル」

Cloubhouse始めました!
フォローよろしくお願いします。

お問い合わせはこちら
お悩み相談、その他お問い合わせな
ど業務に関する内容はこちら

 

 

関連記事

  1. 罪悪感ストーリーを愛のストーリーに変える

  2. セミナー三昧

  3. ヤタがユーチューバーになるってよ!!

  4. 「お金を稼ぐのはどうして悪なのか?」を考えてみました~驚きの結果にビッ…

  5. お弟子さん制度1期卒業式でした。

  6. カッコつけるな!!

  7. 【スギヤマシンゴって誰だよっ。】ブログにてご紹介して頂きました~美容院…

  8. 新潟に行って来ました。~グルメ紹介も有り~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。