【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】執着と向き合った野良猫男子~最終回~

こんにちは、パートナーシップ(恋愛・夫婦)専門カウンセラーの椙山眞伍(ヤタ)です。

先日は、八馬ゆみさん(ゆっちさん)がのオンライン倶楽部にて、お話し会を開催させて頂きました。

参加者の人数が、何と99人(システムの都合上でMax人数)で、参加者さん待ちの方もいたとの情報もあり、自分でもビックリな展開でした。

本当に皆さんの貴重なお時間と、ご縁を頂き感謝しております。

皆さま、本当にありがとうございました。

※※

さて、今回は、こちらのシリーズ「野良猫男子のリアル恋愛ストーリー」を書いて行こうと思います。

久しぶり過ぎて、皆さんもどこまで進んだのか、忘れていると思いますが…笑

前回の記事はこちらです。

前回は浮気をした彼女と1か月半振りの再会で、小馬鹿にされながら、ディスられる場面まででした。

今回は、その続きを書いていきます。

 

彼女との再会は、私と彼女の立場を明確に表すものとなりました。

付き合い当初から持っていた、私の主導権は彼女へと移り、私が散々に彼女をコントロールし、鳥籠に入れて好き放題した結果は、ブーメランとなって返ってきました。

再会時に見せた、彼女の私を見下したような高笑い時の顔。

あの時の顔が頭から、離れません。

再会後は、何かが変わることもなく、淡々と日常が過ぎ去って行きます。

それでも、私の執着は以前と変わらず、頭の中では、沢山の声が聞こえてきます。

「もう諦ろ、お前には無理だ!!」

「お前の元に返ってくる訳ないだろ」

「彼女は、他の男とSEX しているんだぞ」

「今頃は男とSEX で盛り上がっているぞ」

「彼氏と2人で、お前の事をバカにして笑っているぞ」

目の前に居ない彼女の事を使って、自分自身をずっと責めているのです。

もう、居なくなって欲しい…

でも、1人になりたくない。

この気持ち同士が、葛藤をしてずっとずっと苦しんでいました。

この苦しみを何とかして欲しい。

以前の私ならば、彼女に連絡をして、彼女に私の心の隙間を埋めてもらっていたでしょう。

でも、もう彼女には連絡は取れないのです。

なぜなら、根本さんに言われた言葉があるから。

「お前はまな板の上の鯉。もう、何もできない」

この言葉は、本当に苦しいくて、何度も心が折れそうでした。

でも、根本さんの言葉を信じるしかなく

「もう、私には何もできないんだ。彼女が全てを決めるまで、待つしかないんだ」

この言葉を何度も何度も、自分に言い聞かせていました。

※※

再会から、1か月半くらいに経った時に、彼女から話し合いをまたしたいと、連絡が入ります。

私は、今回が最後っぽいな・・。

こんなことを、思います。

そうすると、今度は、私の心の中に、1人になることへの恐れが出てきます。

「とうとう1人か…」

「1人ってどんな感じなんだろ」

「周りからバカにされるな」

「孤独しかない」

余りにも、孤独を恐れるがあまりに、振られても傷つかないように、心が私の意思とは別に、準備を始めていました。

今、思えば、私は、両親の離婚から、見捨てられ不安があり、その恐れから、相手をコントロールしたり、複数の女性と付き合っていました。

その不安や恐れを、もう一度、味わうことは、当時の状況からは、逃げる事は出来ませんでしたが、
一つだけ違う点がありました。

それは、心理学の仲間や先輩がいた事です。

当時の私は、本当に苦しくて、先輩や仲間に鬱陶しいくらいに、メールを送りつけていました。

そのメールにも、丁寧に返信してくれたり、
先輩のカウンセラーからは「何かあったら、私と〇〇カウンセラーが全力で癒すから、大丈夫!!︎」

この言葉に、本当に勇気をもらいました。

何もしなくても愛されるという事を、知ったのはこの時が初めてでした。

※※

そして、いよいよ彼女との再会の日。

再会前に根本さんにメッセージを送ると、こんな返信が返ってきます。

「もう、貴方にはできる事は有りません。まな板の上の鯉なんです。そして、彼女は自分の幸せを自分で選択する権利があります。彼女の選択を受け入れるだけです。最後まで、手放すことを選択して下さい。」

こんな感じのメッセージだったと思います。

彼女から、1時間程、遅刻すると連絡があり、車の中で待っていましたが、心臓の鼓動が止まりません。

深呼吸を何度も、何度もしても、呼吸は乱れたままです。

頭の中では

「彼女と逢うのは最後か…」

「振られるのか…」

「悲しいな…」

こんな感じが、ぐるぐる回っていました。

彼女がお店に到着し、テーブルの椅子に腰掛けた途端に「メール送るから読んで」とメールを送信されます。

メールの受信箱に、着信のサインがあり、メールを開きます。

そこには…

「シンゴと一度離れてみたいと思う」

こんな文字が、書かれていました。

この瞬間、彼女との関係が終わりました。

メールを見た後も、引き止める事は、しませんでした。

でも、引き止めたい、気持ちは心の中に溢れていました。

手放したくない!!

側にいてほしい!!

以前の私ならば、どんな手を使っても彼女を引き止めていたでしょう。

でも、この時だけは、彼女の選択を受け入れようと思いました。

そしてこれは、後になって気がついたことですが、彼女の事は好きではなくて、引き止めたい気持ちは、執着からでした。

これが、人生で初めて相手の意思を尊重し、選択を委ねる事だったと思います。

彼女と店を出て、早々に彼女は車で帰宅していきましたが、私は、直ぐには帰宅する気にはなれず、
暫くお店の駐車場でタバコを吸っていました。

タバコを吸いながら、ようやく終わった…という
言葉がポツリと出てきます。

浮気発覚からの3ヶ月の音信不通の期間は、本当に苦しく、こんなにも自分と真剣に向き合ったのは、
初めてでした。

その苦しみや恐れ、不安から、ようやく解放され不思議な安堵感を感じながらも、後悔は有りません。

自宅に帰宅後、少し遅い時間になりましたが、根本さんには連絡せねばと思い、メッセージをします。

すると、間もなく返信があり「お疲れ様でした。良く最後まで向き合ったと思います。ゆっくり休んで下さいね」と返信がありました。

このメッセージを読んで、ようやく落ち着くことができ、自分の心の中にある、彼女への扉を閉めたのでした。

終わり

※※

野良猫男子の恋愛ストーリーは、ここまでになります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

最初に書き始めたのが、昨年の8月なんでほぼ、一年に渡って書いてきました。

途中で、更新頻度が遅くなったこともあり、ダラダラになりましたが、何とか最後まで書ききることができて、ホッとしております。

そして、8ヶ月後には今の妻と出合い、約一年後には入籍するのですから、人生は本当にわからないですね。

妻と出合い、結婚するまでもまた機会があれば、書いていこうと思います。

本当に最後までありがとうございました。

関連記事

  1. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリーⅡ】突然やってきた、人生のターニング…

  2. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】野良猫男子と娘~誰かに必要とされる…

  3. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】野良猫男子の承認欲求と罪悪感 Vo…

  4. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】生き別れの真実~止まらない不幸の連…

  5. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】婚外恋愛と支配欲求の底なし沼 V…

  6. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】「自分らしく」生きるために~自由へ…

  7. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】父親として生きますか?私として生き…

  8. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】離婚裁判の終焉と彼女の異変~Vol…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。