【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】婚外恋愛と支配欲求の底なし沼

こんにちは、パートナーシップ(恋愛・夫婦関係)専門カウンセラーの椙山眞伍(ヤタ)です。

本来ならば、本日から石垣島へと旅立っているはずでしたが・・・

台風17号が発生したので、全てがキャンセルとなりました(涙)

まぁ、ダイビングがメインでしたので、仕方ないのですが、残念無念です(T_T)

もう一度、日程調整をしてリベンジしたいと思います。

※※※※

今回は、こちらの記事の続きを書いていこうと思います。

私と彼女が出逢ってからの時間は、幸せな時間でもあり、逆に言えば罪悪感を感じる時間でもありました。

彼女は「NOが言えない」とか「自分を優先できない」とか「周りの人達を過度に優先する」など、私とは全く真逆のタイプでしたので、とても新鮮な感じがしていました。

そして、彼女と一緒にいることでの、充実感や男としての自信、必要とされている感じは、弱りきっていた私の心を癒やしてくれました。

こうなって来ると、少しづつですが、私の心の中で、変化が起きてきます。

それは

「NOを言わない彼女を手放さないようにする」ということです。

今から思うと、意識的に支配してやろうなんて思いは、さらさら無かったと思います。

でも、どうしても、彼女を手放したくありませんでした。

彼女は、容姿も美人で性格も、周りに気を使え、ノリも良かったので周りの男性からは、とっても人気があり、独身である彼女のもとには、紹介の話やコンパの話が多くありました。

それに比べると、私は周りの男性と比べてもスペックは普通ですし、何よりも、別居はしていても妻帯者です。

そうなると、結婚願望がある彼女にとって「将来ある独身男性」か「本当に離婚するのか不確定な妻帯者の男性」でしたら、どちらを選ぶのか?

おのずと答えは出てきます。

自分の自信の無さもあり、手放したくない思いから「離婚」の意思表示を彼女にするべく「別居」というワードをだし「今、離婚にむけて動いているから」と常套句を並べ、彼女を説得していました。

その結果、彼女は「離婚する意思が見えて、その先に結婚があるならば」ということで、私を選んでくれていました。

※※※※

私と一緒にいる=付き合っているということを、おおっぴらにすることは、離婚が成立していない以上、出来ません。

そのため、私と彼女はどこに行っても、世間の目という見えない敵を相手にしなくては、いけませんでした。

世間の目というのは、本当に落ち着かず、どこに行っても

「誰かに見られているのではないか?」

「あそこに似た人がいるが○○さんじゃないだろうか?」

「一緒に車に乗っているのを、誰かに見られていないか?」

「この場合は、別に友達として一緒にいるのならば、怪しくないシチュエーションか?」など

とにかく、意識を周りに張り巡らせる為に、地元では楽しむとことも、心に余裕がなくなりできなかったため、次第に地元を離れて遠くの街に行くようになりました。

遠くの街に行くときも、テンションが高くて2人で盛り上がっている時は、まだ良いのです。

ふとした瞬間に訪れる沈黙や、車窓から見える普通のカップルや家族連れをみると

「こんな遠くの街まできて何をしているんだろう」と現実に意識が戻り、強烈な自己嫌悪を罪悪感が襲われます。

彼女もそれは、感じていたと思います。

この事を、私は耐えきれなくなって、彼女に聞いてみたことがあります。

「あのさ。なんか、時々なんだけど、こんな街まできて・・とか、自分は何やっているんだろう?とかって思わないの」と。

こんなアホな事を聞くぐらい、私は子供で自分の感情にも責任を持てず、1人で立つことができませんでした。

※※※

この【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】の最初の記事に書いたように、私は自分の中にある「見捨てられる恐れ」から、歴代の彼女の「愛情」を試して、結局、別れてしまう、悲しい悲劇を繰り返していました。

もう二度と、あの時の「悲しみ」や「淋しさ」「後悔」そして「罪悪感」を感じたくない!!と決意しても、自分の中に住んでいる「悪魔」が私の中で目覚めようとしていました。

ほとんどの場合は、ケンカを私から吹っかけてどうでもいいことで、言い合いに持って行くのです。

その際に「もうお前は帰れ!!」とブチ切れて、トボトボと帰宅する彼女。

彼女が自宅に着く頃にTELをして「おい!!まだ話があるから戻ってこい!!」など一度、帰宅させたのに呼び戻すのです。

「一度、ドン底を見せておき、後で逆転すれば、相手は喜ぶだろう」という、今の自分でも理解できない事を、当時は思っていました。

冷静に考えれば、人間の心は、支配することが出来ませんし、自分の想い通りにならないのが当たり前です。

しかしながら、自分の父親は自分の想い通りに人を動かし、そのとおりにならないと、人を罵倒し、身勝手行動を取っていましたから、その影響があったのだと思います。

このように、私は彼女の選択肢を徐々に奪っていき、彼女を自分の鳥かごの中に入れることに成功したのです。

鳥カゴの中での自由がなくて脱出した私が、今度は、自分の欲求と恐れの為に、彼女を鳥カゴに入れコントロールしていきます。

結局のところ、自分の中にある「恐れ」や「自己肯定感の低さ」や「罪悪感」を、自分で克服しない限りは「鳥かごの中に入る」か「鳥カゴに相手を入れる」しか、安心感を感じて生きることが、出来ないということでした。

このことに気がつくのは、数年先でした。

※※※※

日常生活で、外出する時もストレスを感じながら、コソコソと隠れて一緒にいるというスタイルを始めて、気がつけば季節はその年の冬が、近づいていました。

彼女との日々を過ごしながらも、私は家庭の事とも何とかしなければ、いけませんでした。

離婚するのか?彼女と別れて元嫁の鳥カゴに入るのか?どれだけ考えても、答えはでません。

そりゃ、今の美味しいところだけの今の生活を正直、手放したくないですから。

これが本音でした。

それでも、形は整えないと彼女は自分の目の前から、去って行ってしまう可能性があります。

彼女には

「婚活の禁止」

「コンパ禁止」

「紹介の禁止」

「連絡先交換の禁止」

など、徹底的に自分以外の異性とコミュニケーションを、取ることを禁止しました。

なぜなら、自分以外の異性に目がいくのは、当たり前だからと思っていましたから・・。

そして、彼女に対して「自分は離婚する」という意思表示を表す為に、何も覚悟のないまま、私は1度目の離婚調停を申し立てました。

この離婚調停では、元嫁側は離婚拒否で、修復を申し立てて、私は覚悟も無いくせに離婚希望を相手に伝えていました。

離婚調停では、別居期間もあまりに短すぎた為や、お互いに離婚する要因があまりにも少な過ぎた為に、不調に終わり、別居中の条件を決めるだけという、あまり意味の無い離婚調停で終わりました。

この結果はある意味、大成功でした。

なぜなら、私に離婚して1人で生きる覚悟も無ければ、彼女を選び離婚するという、覚悟も全くありませんでしたから・・。

心の奥底では、この結果にホッと胸を撫で下ろしている自分いました。

※※※

長くなったので、今回はここまでにします。

歴代の彼女と別れ沢山の悲しい想いを体験してきたにも関わらず、何故か自分の中のもう一人の自分に、乗っ取られてしまい、自分をまたもや見失ってしまいました。

また、次回もこの続きを、書いていきます。

最後までお読み下さって、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 【親密感の恐れと見捨てられる不安】私ヤタの恋愛が上手くいかなかったリア…

  2. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】「恐れ」で繋がった最強鉄仮面女子と…

  3. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】「自分らしく」生きるために~自由へ…

  4. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】自由と見捨てられ不安の闇

  5. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】カウンセリングとの出会いと忘れられ…

  6. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】野良猫男子と娘~誰かに必要とされる…

  7. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】少しづつ進むプロセス~師匠との出逢…

  8. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】野良猫男子の承認欲求と罪悪感

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。