【恋愛心理学】パートナーを束縛(鳥籠に入れる)してしまう心理~私と彼を繋ぐ執着とう名の鎖~

こんにちは、パートナーシップ(恋愛・夫婦)専門カウンセラーの椙山眞伍ヤタです。

先日のお弟子さん制度3期の中で、お弟子さんに、こんな一言を言われました。

「ヤタパイセン。あの野良猫ブログの続きは書かないんですかー?」

お弟子さんの3期の中に、野良猫ストーリーを読んでくれていた方がいて、あの続編を書いて欲しいという、要望だったんですね。

ちなみに、野良猫ストリーの記事はこちらから

沢山の方に「ヤタさんがあの後に、奥様とどうやって知り合い結婚したのか知りたいです」という声を、本当に良くいただきます。

それについては、いつか書いて見ようと思っていました。

ただ、奥様との結婚までのプロセスが、心理学よりもスピリチュアル系?!になってしまうので、どうかな?とも思っていました。

でも、せっかく沢山の方にお声を掛けて頂いたので、続編を書いてみようと思います。

「野良猫男子のリアル恋愛ストーリー・シーズン2」は近日公開です。

お楽しみしていて下さいね!!

※※

今日は、パートナーを束縛(鳥籠に入れる)してしまう心理について、書いていこうと思います。

パートナーを束縛し過ぎてしまい、関係性が崩れてしまう。

このようなお悩みを抱えて、カウンセリングを利用してくださる方がいらっしいます。

その多くの方は、女性として魅力的だったり、モデルのように容姿端麗な方だったりと、彼を束縛しなくても「貴方はモテるから、男は他にもいるから大丈夫でしょ」と、言いたくなるほどの方だったりします。

彼を鳥籠に入れて束縛してしまう、この心理の裏には、私には愛される価値がないという、無価値感の存在があります。

そして、鳥籠に彼を入れている貴方の心は、一時的にですが、安心感に包まれます。

でも、一時的にです。

この一時的に、安心感を感じたいが為に、貴方は鳥籠を用意して、彼を上手におびき寄せて、スッと彼を捕獲します。

「よーし!とうとう捕獲した」って。

そして、鳥籠の中の彼をみながら、こう思います。

「もう、どこにも逃さないわよ。だって、彼が居なくなったら、誰も私の事を愛してくれないのだから・・・」

そして、一方

まんまと、鳥籠に捕獲されてしまった彼。

その彼も、実は鳥籠に入ることは、最初はそんなに悪気分ではなかったんです。

「そんなに俺のことが好きなのか。まぁ、このくらいならば可愛いもんだよね」と能天気に思っています。

そうです、彼は鳥籠に入れられる恐ろしさを、まだ知りません。

そして、彼は鳥籠も悪くは無いものだと、思いながら生活して行きますが、ちょっとずつ気がついていくのです。

「あれっ??俺のこと必要としてくれるの、悪い気はしないけど、なんか苦しい感じがするけど・・」

苦しい感じだけならば、良いんです。

でも、彼が入っているのは鳥籠の中ですから、自由がありません。

「会社の同僚と、打ち上げにいこうと思ったけど、早く帰らないと妻の機嫌が悪くなるな。でもなんで、ここまで俺は我慢しなきゃいけないんだろう・・」

彼は自分で入っておきながらも、段々とこの環境に窮屈感を覚えてきます。

「どうして、妻の言う通りにしなきゃいけないんだ?」

「結婚したら自由はないといは聞くが、ここまで自由が無いのか?」

「もう、この生活は嫌だ。もっと好き勝手にやりたい。よし、逃げ出そう、これしかない!!」

こんな感じで、彼は鳥籠の中から脱走を考えて行きます。

そして、こんな計画も知らず、彼女はいつも通り、鳥籠の中にいる彼を見つめてこう思います。

「貴方はずっと私のもの。誰にもどこにも逃さない」って。

この時の貴方の心は、彼から愛されているとは感じられません。

何故ならば、彼は鳥籠の中にいるから、私の側にいると、思っているから。

これをが逆からみれば、鳥籠から彼を離したら、彼は私の元から去っていくと、思っているんです。

だから、鳥籠に彼を入れている間は、私が愛されるということを、受け取ることが出来ません。

鳥籠というのは、私が愛される価値がないことを、感じさせないための、執着の鎖なのです。

この執着の鎖に繋がれた彼も、私も、お互いに笑ってはいません。

だって、居心地が良いわけありませんから。

喜びで繋がる状態とは、対局に貴方と彼は居る訳です。

そして、彼は貴方のスキを見つけて、鳥籠から脱走を実行します。

久々の鳥籠の外の世界は、とても自由さを感じて「なんて自由なんだろう」と彼は思いますが、彼を失ってしまった貴方は、絶望の淵に落とされる訳です。

※※

私ヤタのカウンセリングでは、まずは、彼への執着を手放していきます。

私は、私で、彼は彼の人生がある。

そして、彼には自分の人生を選択する権利がある。

彼への想いを心に感じながら、イメージワークを使って彼を手放して行きます。

イメージの中で、彼を手放していきます。

貴方が本当に彼を愛しているのならば、彼が笑顔になり心から幸せになれる場所が、貴方の横じゃなくても良いですよね。

それが、貴方の横じゃないといけないというのは、貴方の欲(エゴ)です。

人を愛するというのは、どんな場所にいても、相手の幸せを願うことでもあります。

今日、彼を女神さに託し、こんな言葉でお願いをしてみて下さい。

「私には無理でした。この人をどうか幸せにして下さい」と・・。

そして、女神さまのに彼を託して、2人が遠ざかる姿を見送ります。

こんなイメージワークを行って、彼への執着を手放していきます。

執着を手放すことで、貴方は心の自由を手に入れ、もともとの本質の私で、楽に人生を歩んで行けるように、なります。

※※

今回は、実際のカウンセリングでの流れを、文章に書いてみました。

少し、分かりづらかったかも知れません。

鳥籠にパートナーを入れてしまう理由は、自分が愛される価値を疑ってしまい、自分の前から居なくなるという前提が心の中にあるからです。

この自分の前提に気がつくことが、とても大切になってきます。

カウンセリングでは、上記のようなイメージワークを使いながら、貴方の心を癒やし、そして具体的な行動提案をさせて頂きます。

彼への執着にお悩みの方は、是非とも、カウンセリングをご利用下さいね。

今回はここまでになります。

それでは。

※※

8月の東京面談カウンセリングは8月6日、22日、23日の予定です。
・8月6日(木) 16:00~
・8月22日(土) 10:00~
・8月23日(日) 10:00~ 13:00~ 16:00~

8月は大阪でも面談カウンセリングを行います。
・8月31日(月)10:00~ 16:00~

お申し込みはこちらから

カウンセリングメニューはこちら

そして、何と!!
8月23日は東京のアンダーズ東京にて、
15時~17時まで、アフタヌーンティー付きお茶会を開催します。
日時:8月22日 15:00~17:00
場所:アンダーズ東京(虎ノ門)ザ タヴァンラウンジ
金額:6000円(アフタヌーンティー代のみ)
人数:3名様限定 残席2です。
お申込みはこちらから

詳細ブログはこちら

 

 

 

 

関連記事

  1. ケンカは2人の関係性を深める為のイベント

  2. 【お悩み相談室】SEXの途中で萎えちゃう男性に「私のせいで・・」と思っ…

  3. 彼が結婚を決めてくれない時はどうしたらいいですか?~私が先に決めるとい…

  4. 私だけが我慢して頑張っているのに報われない時

  5. 怒りの感情は自分を大切にするツール

  6. 【こんな時どうするの?】彼が結婚を決めてくれない時~私が結婚を決めてい…

  7. 【パートナーシップ】夫や彼からの愛情を受け取れない時は、自分の内面を見…

  8. 「マイペースな夫にイライラMAX!!」どうしたらいいですか?②

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。