【ココロノマルシェ】やっぱりもっと知りたい野良猫男子の対処方法

こんにちは、パートナーシップ専門カウンセラーの椙山眞伍(ヤタ)です。

昨日に親知らずの抜歯手術を受けまして、激痛の中ブログを書いております。

腫れのピークはこれからだと思いますが、今の時点でかなりの激痛ですけど・・・。涙

本当に今世で1番痛いのではないか?と思うくらいですが、痛み止めを飲みながらブログ更新していきたいと思います。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…

さてさて、今回は先日から始まりました「ココロノマルシェ」のご相談コーナーに寄せられたご相談に、回答していこうと思います。

ご相談はこちらです。

野良猫ヤローと職場ダブル不倫5年、振られて半年経ちました。

今は転職して職場違いで冷静を取り戻した美魔女です(笑)。

たまに会ってお茶→エッチをしてます

復縁したいんですが、怖いです。

傷つくのが怖いです。

だけど好きな気持ちも大事で「振られたけど好きだー。ずっと一緒にいたい」って告ったら「振ったつもりはまったくないよ。

ただ離れただけ、俺も好きだからこうやって会いに来るし好きだからエッチもするし、一緒に居たいと思うよ。」っていいながら速攻、音信不通にするヤローです。

「恋愛関係は無理だから友達に戻ろう」って言った野良猫に振り回されてます

「好き」と言う気持ちを言えたこと、相談にのってもらったことに満足していることと、図々しくも「私を好きでいれくれてありがとう」をLINEで伝えたところ「前向きな発言になって良かった。今を大切に生きましょう」と他人事目線で返信がきました。

野良猫ヤローの胸ぐらをつかんで「どの口が言っとんのじゃ」って攻撃したい気分です。

私、野良猫から大切にされたいんです。

どうしたらいいんですか?

自分がどうしたいのか何度も問いかけてみたり、私はええ女!って思ってみたり、自分を大切にしよう!

よー頑張ってるって褒めてあげたりしながら毎日過ごしてるのにすぐに彼軸の考え方に持っていかれてしまい自分の気持ちのアップダウンさに振り回されてしまい疲れてしまいます。

野良猫に大切にされたい。

一緒の時間を過ごしたい。

私の素直な気持ちの安堵する方法を教えてください。

そして、
野良猫語の解析もお願いします!

宇宙人?彼は双子?と思うぐらい話が噛み合わず振り回されるのがしんどいです

がねーしゃさんより

 

先日ですが、お弟子さん制度の仲間向けにZOOMセミナーを開催しました。

タイトルは「男性心理とロックマン・野良猫男子を攻略せよ!!」という師匠のお弟子さん(武闘派女子)らしさ全開のセミナーでした。

その中でも、武闘派女子の皆様からの質問でかなり多いのが「ロックマン・野良猫男子に振り回されてしまう時の対処法」でした。

これって、心理学を学んでも学ばなくても、振り回されてしまう事って、実は、当たり前なんです。

だって「好き」という感情があるから。

ある意味、武闘派女子の皆様は仕方ないのかなって。

だって「それくらい愛したいんでしょ」ってことだから。

がねーしゃさんには、残念なお知らせかもですが「まぁ、武闘派女子だからしゃーない」とまずは、自分を受け入れてみて下さいね。

それが、がねーしゃさんの個性になります。

それでは、前置きが長くなりましたが、本題に入りますね。

>野良猫ヤローと職場ダブル不倫5年、振られて半年経ちました。

今は転職して職場違いで冷静を取り戻した美魔女です(笑)。

ダブル不倫で5年となると、かなりストレスや心身に影響があるんではないかと思いますが、お身体等は大丈夫ですか?

転職で冷静さを取り戻されたとのことで、まずは、ひと安心ですね。

>たまに会ってお茶→エッチをしてます

復縁したいんですが、怖いです。傷つくのが怖いです。

現在もたまにあって→エッチの関係性なんですね。

復縁したいという気持ちと傷つくのが怖いという、2つの感情の葛藤で悩んでいるのですね。

好きだから近づきたい気持ちと、近づいて傷つく恐れという、正反対の感情を感じている時って、「どうしたらいいんだー!!」「何かいい方法論は?」「アイツは野良猫だから行動パターンは・・・」と分析したりと、何とかしたい想いから、思考で色々と考えてしまいますよね。

そうすると、思考で色々と考えてぐるぐる状態でキャパオーバーなのに、彼に対しての感情や自分の感情など感じたりと、本当に余裕が無くなってしまいます。

こんな時は、まずは、大きく深呼吸をしましょうよって、カウンセリングではお伝えしています。

そして、がねーしゃさんは恐れの感情が強いみたいですので「感情の解放と言えば?お恨み帳」ということで、お恨み帳に「復縁したらどうなると思っているのか?」「何がそんなに怖いのか?」を書き出してみてください。

これで、がねーしゃさんの心の中にある「恐れ」を目で見ることができます。

がねーしゃさんは何にそこまで恐れを感じているのでしょうか?

>だけど好きな気持ちも大事で「振られたけど好きだー。ずっと一緒にいたい」って告ったら「振ったつもりはまったくないよ。ただ離れただけ、俺も好きだからこうやって会いに来るし好きだからエッチもするし、一緒に居たいと思うよ。」っていいながら速攻、音信不通にするヤローです。

確かに、好きな気持ちは大切ですよね。

だって、好きじゃなきゃここまで、苦しんだりしなくてもいいのですから。

この「私が好き」という感情は重要です。

>「振ったつもりはまったくないよ。ただ離れただけ、俺も好きだからこうやって会いに来るし好きだからエッチもするし、一緒に居たいと思うよ。」っていいながら速攻、音信不通にするヤローです。

なかなかの野良猫男子っぷりですね。

これって、実は、彼の本音と言えば本音なんですよね。

少し、彼の心理を解説すると、やはりここで感じているのはご存知かと思いますが「親密感の恐れ」です。

そして、世間的にみると「都合のいい遊び人の彼」になってしまうのですが、この裏には「人とは親密になれないハートブレイク」があります。

だから、本音と言えば本音なのです。

少し思い出して欲しいのですが、この言葉を言う時、彼はしゃーしゃーと言いませんか?

そこに、罪悪感などがないから、しゃーしゃーと言えるのですね。

逆に言えばそれくらい彼は「どうせ女なんて・・」「人なんて・・・。」という悲しみの前提が心にあるのです。

>「恋愛関係は無理だから友達に戻ろう」って言った野良猫に振り回されてます。
「好き」と言う気持ちを言えたこと、相談にのってもらったことに満足していることと、図々しくも「私を好きでいれくれてありがとう」をLINEで伝えたところ「前向きな発言になって良かった。今を大切に生きましょう」と他人事目線で返信がきました。

野良猫ヤローの胸ぐらをつかんで「どの口が言っとんのじゃ」って攻撃したい気分です。

確かに、野良猫男子の言葉を真に受けてしまうと、心が振り回されてしまい辛いですよね。

がねーしゃさんが心を開いて素直に発言したら、他人事のような発言が来たらそりゃあ怒りの感情が湧いてくるのも当然です。

>野良猫ヤローの胸ぐらをつかんで「どの口が言っとんのじゃ」って攻撃したい気分です。

自分は男性ですが、もし同じように言われたら「お前なめんてのか!!」って思いますし「校舎裏にチョット来い!!」とキーツイお仕置きをするかも。

それこそ、師匠のブログに登場する「ロケットランチャー」を数発、至近距離から発射したくなる気持ちになります(笑)

でも、ですね。

実は、これは、わざと彼が無意識のうちに仕込んでいるハードルだとしたらどうでしょうか?

他人からすると「なんだそれ?!」って感じですが、実際に私が野良猫男子だった時(今も素質は有ります)に同じような事をしていました。

「お前と彼は違うはボケ!!一緒にするんじゃねーよ」と言いたくなるかもですが、参考意見的に言えば「親密感の恐れ」を持つと、がねーしゃさんにするような態度をとって、本当に安心できる人か?を試すんですね。

だから、がねーしゃさんからすると????ってなるんですけど、これは彼の恐れがつくるハードルなんだなーと思ってみてください。

>私、野良猫から大切にされたいんです。どうしたらいいんですか?

確かに、自分の大切に想うひとから大切に扱ってもらいたいですよね。

そこで、チョット質問なのですが

「野良猫男子から大切にされている人ってどんな人だと思いますか?」

イメージできますか?

この世の中に、野良猫男子と上手にパートナーシップをもっているカップルや夫婦って必ずいると思います。

どうでしょうかね?

これは私のイメージになってしまいますが、野良猫男子と上手くいく女性の人って、自由人で自分の気持ちに素直で、無理してなくて余裕がある人で、野良猫男子の行動を「またハードルおいてビビッてウケるんですけどーー」って言いながら、ハードル蹴っ飛ばす人だと思うのですがどうでしょうか?

この状態って「自分をちゃんと大切にしている状態」だと思うのですね。

だから、気持ちにも余裕が持てるし、自分を大切に出来ているから自己肯定感も高いし・・。

もうお気づきですか?

これって、投影なんです。

相手から大切に扱われてたいならば、まずは、自分を大切に扱いましょう!!というサインなのです←試験的に出ます!!

ですから、まずは、自分を大切にすることを始めて行きましょうね!!ってことです。

>自分がどうしたいのか何度も問いかけてみたり、私はええ女!って思ってみたり、自分を大切にしよう!
よー頑張ってるって褒めてあげたりしながら毎日過ごしてるのにすぐに彼軸の考え方に持っていかれてしまい自分の気持ちのアップダウンさに振り回されてしまい疲れてしまいます。

がねーしゃさんが、色々なワークにチャレンジしていることは、素晴らしいと思います。

そこは、素直に「よーやってるで私」と自分で認めてみて下さいね。

彼軸になってしまうと、やはり感情的に彼が主導権を持つの振り回されてしまって辛いですよね。

彼軸になっている時、無意識的にですが主語が「彼は・・・。」になっています。

ここを「私は」に意識して言葉を変えて行くことで、意識が少しずつ彼から私に向く「私軸」になります。

>野良猫に大切にされたい。一緒の時間を過ごしたい。

私の素直な気持ちの安堵する方法を教えてください。

がねーしゃさんが、彼を手に入れることが目標でその彼に安堵を感じるのだとしたら、例え、彼を手に入れたとしても残念ながら安堵を感じることは少ないのかも知れません。

なぜなら、手に入れた後は、奪われる不安から彼に執着してしまうからです。

がねーしゃさんが今、求めているのは「彼軸」の人生なんですね。

がねーしゃさんが、それを望むのであれば良いのですが、それは違うのではないか?と思っているからこそ、ご相談して下さったと思います。

ですから、もう一度「彼軸」から「私軸」=自分軸にシフトしていく時期なのではと思います。

そこで、「私軸」のポイントとなるのが下記の3つです。

・本当にがねーしゃさんがしたいことなのか?

・がねーしゃの喜びに繋がっているのか?

・最終的にどうなりたいのか?

まずは、この「私ってこうだよね」を明確にする必要があるのかなと思うのですね。

そして、野良猫男子と上手くいく秘訣はズバリ「私軸=自分軸」です。

これがちゃんと確立されていないと、振り回されてしまって辛くなってしまいますから・・。

>野良猫語の解析もお願いします!

宇宙人?彼は双子?と思うぐらい話が噛み合わず振り回されるのがしんどいです

これも、彼軸の状態ですと全て彼に振り回されてしまいます。

そして、もう1つ大切なのは「なんの為に分析するのか?」です。

そこは「彼を理解したい」のかも知れませんし、「彼を助けたい」「彼を受け止めたい」のかも知れません。

でも、今の時点で彼よりも優先するのは誰でしょうか?

そうです。

彼よりも「がねーしゃさん」なんですね。

私を大切にして、私を助けて、私を受け止めてあげることが先なんです。

そして、野良猫語って実は、あまり心理分析をしても意味がありませんし、その場の感情的に言っている言葉の方が多いかなとも思います。

野良猫語って理解するものではなくて「チョーウケる!!(笑)」と笑うものなんです。

この笑い飛ばす「女性としての器の大きさ」や「余裕」や「無邪気さ」が警戒している野良猫男子のマインドに安心感を与えるのです。

勿論、野良猫男子が離れない程の「女性性UP」は野良猫男子からすればエサになりますので、欠かせませんね。

つまるところ、師匠と同じ「女性としての自己肯定感を高めよ!!」というお話になるのです。

 

長文になりましたが、がねーしゃさんが素敵な女性となるよう、応援しています。

参考になれば幸いです。

 

もし、1人で向き合っていくことが大変そうでしたら、カウンセリングをご利用くださいね。

カウンセリングでは、文章では書ききれない潜在意識や無意識のパターンにアクセスして、最短ルートでお悩みの解決と現実に効果を感じられるようにサポートして行きます。

 

有料になりますが、カウンセリングメニューはこちらです。→カウンセリングメニュー

遠方の方や名古屋、東京以外の方でもピント来られた方は、まずは、ご連絡下さいませ。→お問い合わせ

このような形でご相談に回答させて頂きます。お悩み相談室はこちらから→お悩み相談室はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 【ココロノマルシェ】旦那が家出 復縁できますか?

  2. 【ココロのマルシェ】婚活できない

  3. 【ココロのマルシェ】なんにもできない美人で可愛いお姫様が羨ましくて憎ら…

  4. 【ココロノマルシェ動画deカウンセリング】ロックマン?な彼と結婚したい…

  5. 【ココロノマルシェ】野良猫君が本当に去って行ってしまうときって、どんな…

  6. 【ココロノマルシェ動画deカウンセリング】幸せな恋愛をしたいけど怖い

  7. 【ココロノマルシェ動画deカウンセリング】気持ちを伝える方法

  8. 【ココロノマルシェ動画deカウンセリング】元カレのわたし、今カレのわた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。