【お悩み相談】元旦那と彼氏、どちらも必要で決められません~選択できない時の対処法~

Aも良いし、Bも良くて、どちらにしようか
選べない・・。

こんな時ってありませんか?

あなたの中の基準が、曖昧になっていると選択する
ことができません。

自分の本音や本当に欲しい物を、もう一度、
整理して本当に欲しい物を手に入れましょう!

※※

こんばんは、カウンセラー歴7年カウンセリング人数
700人以上の問題を解決に導いた

夫婦心理学カウンセラーの椙山眞伍ヤタです。

昨日にYoutubeライブを開催しました。

昨日の放送は、ヤタの奥様にも登場してもらい

お悩み相談の解説と、パートナーシップへのご質問に
夫婦で回答させて頂きました。

今後は、Youtubeライブや動画にも夫婦で登場して
いきますので、今後も宜しくお願いします。

ヤタチャンネルはこちらから
https://www.youtube.com/channel/UCIR3C1jxB-czDLyuy660W6A

※※

さて、今回は、お悩み相談を頂きましたので、

ご相談に回答して行こうと思います。

お悩みのご相談は随時受付中ですので、ご相談したい方は

こちらからお申し込み下さいね。

ご相談はこちらから

※※

今回のご相談 まみさん

今現在
元旦那と彼氏と両方必要で、どちらも決められないです。
今は彼と同棲して2年。もう疲れたので、元旦那の所に
戻りたいです。

正直、元旦那といる方が安心するし、優しいし、楽だし
人間としてとても良い人です。
一緒に生活するなら、この人がいいと思います。

でも、私はとても寂しがり屋です。

元旦那は友人が多いので
私との時間より友人との時間が多く、
結果、私は寂しくなり、浮気を2回しました。

いま2回目の浮気の人と同棲してます。

浮気の人と同棲してますが
彼とはママと子供の関係みたいになってしまい

彼はほぼ頼りになりませんし、精神的に子供すぎるので、
無神経な心無い発言が多すぎて
その度に傷ついて、悩んで、疲れました。

元旦那と生活したい→でも退屈。
今彼と生活疲れてきた離れたい→でも好き。

バレて悲惨なことになる前に、
どっちかに決めたいです。(でも決められない)

過去に、不倫の恋がバレたことによって
私は躁鬱(狂人)になる、という制裁を喰らったので
もう、精神病になるのはゴメンです。
(他人から聞いたところ不倫相手の夫婦は、今は円満だそうです)

10年経って、やっと病気を克服したのです。。。

再び病んで、地獄に落ちたくないです(T^T)

ここまで

 

どちらにしたらいいのか決められない…。

こういうことって、日常生活では何度もありますよね。

簡単なことで、言えば、朝昼晩のご飯のかメニューだって、自分自身で選択している訳です。

こんな時に、選択の基準になるのが、自分は何が
好きで、何が嫌い、何が食べたいという

自分自身の本音です。

元旦那は、安心するし、優しいし、楽だし人間としては
いい人だけど退屈。

彼氏は、精神的に子供で、無神経、心ない発見に傷つき、つかれるけど、でも好き。

両方を足して2で割ると、丁度いいのにって、
思いますよね。

でも、実は選択肢としては、2つだけではないのですね。

2人しかいないじゃないですか?って思うかも知れません。

確かに目の前にいる人からすれば2人です。

でも、2人ともまみさんの好みではないのならば、
自分好みの人を探してもいいんです。

これを、例えるならば、
居酒屋に行ってメニューにあるものじゃなくて、

メニューに乗っていない裏メニューを、店長にオーダー
するようなものなんです。

「私は、〇〇をこんなアレンジで食べたいから、作ってくれませんか?」って。

でも、これは、まみさんが自分の好きな食べ方や食材を
知らないとオーダー出来ませんよね。

ですので、まみさん自身が自分の好みを、もう一度ちゃんと整理する必要があるんです。

この自分の好みが、自分で知ることができると、
自分が選ぶ基準になります。

お肉が好きならば、ステーキハウスや、焼肉。

魚が好きならば、寿司屋や海鮮系のお店に行きますよね。

これって、自分の好みや本音がわかるからこそ、
自分自身が喜ぶような行動が取れるんです。

今の状況を例えると

まみさんは、お肉が本当は好きなんだけど、周りには、
ラーメン屋とたこ焼き屋さんしかありません。

まみさんは
「お肉食べたいけど、ラーメン屋さんしかないやん。
でも、お腹空き過ぎたから、ラーメン屋さんにしよ」

ラーメン屋に行って
「やっぱりラーメン屋、コッテリであかんわ。お腹は満たされたけどな」

そして次に
また、お腹が空いてきたまみさんは

「またお腹空いてきたわー。今度はラーメン屋があかんかったから、タコ焼きに行くでー」

「やっぱり、タコ焼きは美味しいけど、お腹満たされないな。パンチがないんだよね」

こんな感じで、どこか満たされない感じだと思いますが、どうでしょう?

ここでいう、
ラーメン屋→元旦那
タコ焼き屋→彼氏
こんな感じです。

この状況だと、2つともに違うってわかりますよね。

だって、本当に好きなのはお肉なんですから。

でも、ラーメン屋とタコ焼き屋を選んでしまう理由があるんですよね。

それが、お腹が空く→淋しさの感情です。

この淋しさの感情が、まみさんの冷静な判断を狂わしているのです。

言い換えるならば、1番欲しいものじゃなくても、とりあえずお腹を満たすことができればいい的な、妥協してしまう理由です。

ですから、自分自身の本音や好みを探すのと平行して、
この淋しさの感情をちゃんと扱ってあげる、必要があるんですね。

・いつから淋しさの感情を感じていたのか?自分で掘り下げてみる
・淋しさの感情をちゃんと感じてあげる
・淋しさを感じたら、自分自身でハグをして「淋しいんだね、大丈夫だよ」と声をかけてあげる
・鏡に映る自分自身に「いつも頑張ってくれてありがとう」「いつも私が一緒だよ」と声をかける

このようなことを、自分自身にしてあげてくださいね。

まみさんの感じている淋しさの感情は、まみさん自身で
埋めてあげる必要があり

1人で頑張る時期に入ってきたのだと思います。

自分で自分を幸せにしてあげるということを、
目標にしながら、自分自身と向き合ってみては、
いかがでしょうか?

まみさんの、幸せな未来をお祈りしています。

もし、サポートが必要な時には個人カウンセリングを
ご利用下さいね。

まみさん自身の幸せに向かって、一緒に頑張って
いきましょう!

ということで、今回はここまでです。

それでは。

※※

あなたの幸せをアシストします!!

オーダーメイドの個人カウンセリングはこちらから

カウンセリング受付中

★ヤタのカウンセリングメニュー

★カウンセリングスケジュール

お申し込みはカレンダー方式になっております。

ご希望日、ご希望時間の赤文字をクリックしてお申し込みくださいね。

※2月のカウンセリングのお申し込みは、
1月20日の21時より受付開始です。

2月のカウンセリングスケジュールこちら

 

あなたとパートナーとの距離を、もっと縮めたいあなたにはこちら

心理学講座「親密感の恐れ~恐れを超えて彼を愛すること~」

心理学講座「親密感の恐れ~恐れを超えて彼を愛すること~」
・日時 1月29日 19時30分~21時
・場所 オンライン(Zoom)
住所:東京都新宿区神楽坂6-48 TOMOSビル6階

・料金 ・オンライン2750円
※コロナウイルスの影響によりオンライン開催となりました。

お申し込みはこちら

関連ブログ

・詳細ブログはこちら
・この講座で伝えたいことブログ記事
親密感の恐れのワナにハマっていませんか?~恐れは問題を連れてやってくる~

 

ヤタの活動メニュー

★ヤタのカウンセリングメニュー

★カウンセリングスケジュール

お申し込みはカレンダー方式になっております。

ご希望日、ご希望時間の赤文字をクリックしてお申し込みくださいね。

ヤタのYoutubeチャンネル「ヤタチャンネル」

★心理学講座を開催します
1月29日19時30~
心理学講座「親密感の恐れ~恐れを超えて彼を愛すること~」

お問い合わせはこちら

 お悩み相談、その他お問い合わせな
ど業務に関する内容はこちら

 

 

関連記事

  1. 【お悩み相談】別居中の夫からの離婚催促~別居の裏側にある親密感の恐れの…

  2. 【お悩み相談室:動画deカウンセリング】引き寄せる為に色々やったけど叶…

  3. 【お悩み相談室:動画deカウンセリング】Q・私が今の状況から抜け出すに…

  4. お悩み相談室「旦那さんから、突然『離婚したい』と言われて どうしていい…

  5. 【お悩み相談】夫婦仲は良いのにSEXレス~SEXレスの表の問題ではなく…

  6. お悩み相談室「10年以上婚活をしていますが結婚できません。でも結婚した…

  7. 【お悩み相談室】「周囲の人を反面教師にするのをやめたいです」

  8. 【お悩み相談室】嫌味を言って怒らせる彼への対処法について

コメント

    • MK
    • 2021年 1月 10日

    ちょうど同じ内容で悩んでいたのでYouTube合わせて刺さりました。

      • sabaneko5151@yahoo.co.jp
      • 2021年 1月 15日

      コメントありがとうございます。
      お悩み解決のヒントになれば幸いです。
      いつもありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。