あなたは大丈夫?親密感の恐れのワナにハマっていませんか?~恐れは問題を連れてやってくる~

親密感を感じるほど、近い距離になると
何故か恐れを感じてしまい

相手と距離を取ってしまう「親密感の恐れ」

この「恐れ」の感情は、あの手この手を使って、
私達が向き合っている相手と

向き合わないように、新たな問題を作り出します。

新たな問題が発生した時は、もう一度あなたの
ゴール地点を再設定する時期なのかも知れません。

※※

こんにちは、カウンセラー歴7年、カウンセリング
人数700人以上の問題を解決に導いた

夫婦心理学カウンセラーの椙山眞伍ヤタです。

お正月休みも終わり、今日からお仕事の方もいらっしゃると思います。

皆さんのお正月はいかがでしたか?

コロナ禍ということもあり、家族で自宅に巣篭もりして
のんびりされた方も、多いと思います。

突然ですが、皆さんはお節料理食べましたか?

私ヤタ家では、お正月用に購入していた食材を年末から食べ始めてしまったので、

肝心のお正月の元旦には、正月料理に飽きてしまい、まさかのカレーを作るという

何やってんだ⁈状態で2021年をスタートしております。(笑)

今年も、色々とやらかしそうな一年みたいです。

しかしながら、お正月のカレーは美味しかった…

※※

今日は、1月29日(金)19時30〜21時まで開催します。

こちらの心理学講座のテーマ「親密感の恐れ」について書いていきます。

心理学講座「親密感の恐れ~恐れを超えて彼を愛すること~」
・日時 1月29日 19時30分~21時
・場所 オンライン(Zoom)
住所:東京都新宿区神楽坂6-48 TOMOSビル6階

アクセス方法はこちらをご覧下さいね。
ココロノオフィスセミナールーム

・料金 オンライン2750円
※コロナウイルスの影響によりオンライン開催となりました。

お申し込みはこちら

今回のテーマである、親密感の恐れ。

この親密感の恐れは、色々な形として私達の前に問題を
作り出します。

これがシンプルに、誰かと距離を縮めたいと思った時に
抵抗感だったり、

恐れや逃げたくなるという感情で、わかりやすく出てくる分にはまだいいのですが

これって親密感の恐れなの?という、自分でもビックリ
する形で出てくることがあります。

例えば

あなたは夫と、もっと仲良くなりたいとあの手この手で
アプローチをして、日々頑張っていたとします。

ケースによっては関係修復中かも、知れません。

その結果、少しずつあなたの頑張りの成果は発揮されて、関係性も好転していくのですが

ふと我に返ったり、一息ついた時に、こんな自分の気持ちに気づいてしまうんです。

それが

「なんで私ばかりが頑張らないといけないのよ!」
という、怒りの感情です。

「毎回、毎回、あの人は何もしないで私ばかり」

「パートナーシップって対等じゃないの?」

「もう、頑張るの疲れたから、私だけ頑張るのはやめよう」など

こんな風に、私だけが頑張っていることへの怒りの感情や、諦めの感情を感じてしまい、

2人の距離や関係性を縮める努力をやめてしまうことも
あると思うんですね。

でも、実はこれが「親密感の恐れ」の罠なんですね。

えっ、これも親身感の恐れが原因なの?って思うかも
知れません。

まぁ、表面的には違いますよね。

私たちが感じる「恐れ」という感情なんですが、
この恐れは色々な形をして

あの手この手を使って、その人と向き合うことを
避けるような状態を作り出します。

今回の私ばかり頑張って…という状態も、
元々の感情を辿ると、

「恐れ」の感情と、あなたの中にある欲求(ニーズ)が結びついて、不満や要求として現れてきて
います。

「恐れ」からすれば、元々の目的はその人と
向き合わないようにする為ですから

その目標は達成しているんです。

じゃあ、ヤタさんどうすればいいんですか?って
ことになるんですけど…。

詳しくは、心理学講座の中でお伝えしようと思いますが、今日は特別に少しお話しますね。

じゃあ、

「恐れ」の感情と、私の欲求(ニーズ)がくっついて
しまい、どうして私ばかり頑張ってるのよ!と

なってしまった時に、どうすればいいのか?

それは、もう一度「何の為に私は頑張っていたのか?」という、頑張る目的に振り返ることです。

そもそも、どうして私ばかり…となってしまう時って

自分の頑張りを、自分で認めていないのです。

だから、自分で認めていない分、相手に対して
「ちゃんと認めなさいよ!」と求めてしまいます。

自分で自分のことを、ちゃんと認めるって、意外にも
私たちは出来ていません。

ダメ出しは得意の方は多いんですけどね。

ですから、自分で自分をちゃんと認めるように

・鏡に映る自分を毎朝、良く頑張ってるねと
声をかける

・寝る前に10個褒めて寝る

・頑張る私にご褒美をあげるなど

自分を承認してあげることで、自分の欲求(ニーズ)が
減っていきます。

そして、

・あなたが夫とどうなりたいのか?

・どんなパートナーシップを持ちたいのか?

・私の幸せの形は何か?など

あなたがなんのために頑張っているか?の目的を
もう一度、設定する時期かも知れませんね。

しっかりと、ゴールを設定して「親密感の恐れ」を
乗り越え

もう一度、あなたの幸せに為に、パートナーとのラブラブな親密感を手に入れましょう!

※※

当日はこのような「親密感の恐れ」をどう乗り越えるか?にフォーカスしながら

わかりやすく「親密感の恐れ」について学んでいきます。

今、「親身感の恐れ」を感じでいる方や誰かと距離を
縮めたいと頑張っている方におススメです。

是非、オンラインにてご参加お待ちしています。

心理学講座「親密感の恐れ~恐れを超えて彼を愛すること~」
・日時 1月29日 19時30分~21時
・場所 オンライン(Zoom)
住所:東京都新宿区神楽坂6-48 TOMOSビル6階

アクセス方法はこちらをご覧下さいね。
ココロノオフィスセミナールーム

・料金 オンライン2750円
※コロナウイルスの影響によりオンライン開催となりました。

お申し込みはこちら

・詳細ブログはこちら

・ヤタこの講座で伝えたいことブログ記事

★キャンセル規定★

キャンセル料:
セッションの1週間前~3日前までのキャンセルは50%、
2日前、前日は80%、当日は100%となります。
返金の際の振込手数料はご負担ください。

★注意事項★
※このセッション はスムーズな進行のためお子様連れでの参加はご遠慮頂いております。
※こちらの講座の主催者はココロノオフィスです。
・お申込み頂くと(自動返信メール)がお手元に届きます。

※銀行振込またはPaypalにてお支払いください。

※銀行振込をお選びの方はそのメール内に振込先の口座が記載されておりますので
1週間以内にお振込みください。

・振込確認後、申込確定となります。
・振込手数料はご負担下さい。
・領収書は振込票にて代理ください。

※この講座の申し込みは入金確認の関係で当日15時にて受付を終了します。

ただ、当日ドタ参加も歓迎しておりますので、その際は受付にて現金でのお支払いをお願いします。

★セミナールームのコロナ対策についてはこちらをご覧下さい
ココロノオフィスセミナールームでのコロナ対策について

★この講座は株式会社ココロノオフィスの主催によるものですので、
この講座に関する問い合わせは下記問い合わせフォームをご利用ください。
お問い合わせフォーム

★また、この講座においての動画配信などは行いませんのでご了承ください。

お申込みされたにも関わらず、受講できなかった場合も含みます。

 

月末の講座まで、待てないです!というあなたには
個人カウンセリングにて、サポートします。

「親密感の恐れ」を乗り越えて、幸せなパートナーシップを手に入れましょう。

1月のカウンセリング受付中&お年玉キャンペーン価格実施中!

★ヤタのカウンセリングメニュー

★カウンセリングスケジュール

お申し込みはカレンダー方式になっております。

ご希望日、ご希望時間の赤文字をクリックしてお申し込みくださいね。

 

★ヤタのプロフィール

★ヤタのカウンセリングメニュー

★カウンセリングスケジュール

お申し込みはカレンダー方式になっております。

ご希望日、ご希望時間の赤文字をクリックしてお申し込みくださいね。

ヤタのYoutubeチャンネル「ヤタチャンネル」

★心理学講座を開催します
1月29日19時30~
心理学講座「親密感の恐れ~恐れを超えて彼を愛すること~」

お問い合わせはこちら

 お悩み相談、その他お問い合わせな
ど業務に関する内容はこちら

関連記事

  1. あなたの隠したい自分を認めてあげる~どんな自分でも味方でいるということ…

  2. 目の前で起こる現実はあなたの心のサイン~鏡の法則を使って自分を知ってみ…

  3. 正しさを優先すると幸せが逃げて行く~正しさよりも幸せを選択する~

  4. 曖昧な彼の態度を変化させるにはどうしたら良いの?~私が愛すると先に決め…

  5. 【YoutubeLive振り返り】女子校育ちの方の男性との距離感~特攻…

  6. 【心理学】急にネガティブな感情が出てきた時~感情の取り扱い方~

  7. 【心理学】問題やトラブルを引き寄せる?!幸せになってはいけない罪悪感~…

  8. 【心理学】貴方の人生はどんな色に染まっていますか?~自分の人生の色をポ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。