夫に期待するのは今すぐやめて下さい!~期待は裏切られるの心理とは?~

こんばんは、カウンセラー歴7年、カウンセリング人数
700人以上の問題を解決に導いた

夫婦心理学カウンセラーの椙山眞伍ヤタです。

最近、少しお休みしておりましたYoutubeですが

久しぶりに更新をしました。

なかなか更新できずに、すみません。

また、少しずつ更新して行こうと思います。

さてさて、

皆さんは、夫と音信不通になってしまった時、どうして
返信がないんだろう…って

苦しくなってしまったり、悲しくなってしまうこと
ありませんか?

このような時、実はあなたの心の中ではあることが
起こっています。

それは、

「夫からの返信を期待している」

えっ?

これのどこか悪いのかって、思いますよね?

むしろ、そんなの当たり前じゃないのって。

この「期待する」ということの裏側には、ある心理が隠れているんです。

それは

「あなたの中の欲求を解消して欲しい」

という心理。

例えば

夫との夫婦関係修復中に、あなたは何度も夫にLINEを
します。

LINEは既読になっても、全く返信は無し。

なんなのよこれ!とあなたはご立腹で怒りMAX。

この状況で、ママ友に相談すれば当然ながら

「ありえないよねー」の大合唱。

返信を期待していた分、あなたはガッカリもしますし
返信をくれない夫に対して怒りを感じます。

でも、こんな時こそ、考えて頂きたいのです。

返信を期待しているのは、私の欲求で夫には全く関係ないということや、

返信をして欲しいと願いながらも、あなたは夫に対して
何も行動していないことを。

簡単に言えば夫に丸投げなんです。

これって、私の欲求不満を解消してよ!って言っているのと同じなんですね。

相手からすれば、当然ですが

「どうしてお前の欲求不満を俺が解消しないといけないの?」と思いますから、

返信を期待していると、相手にこのマインドが伝わり多くのケースでは上手くいきません。

このことから、心理学では「期待は裏切られる」という
言葉があるくらいです。

では、どうすればいいのか?

こんな時こそ、期待を手放しましょう!とヤタのカウンセリングでは伝えています。

期待を手放すとは、どういうことかというと

それは、自分の欲求不満は自分で解消しましょうって
ことです。

今回のケースでは、夫に対して返信を期待している訳ですから、

夫に対して

・どうすれば夫に返信してもらえるだろうか?

・夫が返信しやすい状況はどんな状況だろう

・夫が返信したくないならば、それも彼の選択だから受け入れないとな

・私は夫と連絡をとって何をしたいのだろうなど

私が、夫に対してできることを、1つずつ取り組んでいくのです。

期待=依存のマインドですから、自分から相手に与えていく姿勢が求められます。

自分が欲しいと思った時こそ、相手に対して与える時
ですから、

相手に期待してしまう時こそ、与えることにチャレンジ
してみて下さいね。

上手く出来なかったり、ご自身の状況に合わせた
アドバイスが欲しい時には、

カウンセリング等をご利用して、一緒にチャレンジして
行きましょう!

長くなりましたが、今回はここまでです。

それでは。

※※

個人カウンセリング受付中

あなたの状況に合わせた、オーダーメイドの
カウンセリングを受けてみませんか?

3月個人カウンセリング受付中です!!

★ヤタのカウンセリングメニュー

★カウンセリングスケジュール

・お申し込みはカレンダー方式になっております。
ご希望日、ご希望時間の赤文字をクリックして
お申し込みくださいね。

 

ヤタの活動メニュー

★ヤタのカウンセリングメニュー

★カウンセリングスケジュール
・お申し込みはカレンダー方式になっております。
ご希望日、ご希望時間の赤文字をクリックして
お申し込みくださいね。
3月カウンセリング受付中です!

ヤタのYoutubeチャンネル「ヤタチャンネル」

Cloubhouse始めました!
フォローよろしくお願いします。

お問い合わせはこちら
お悩み相談、その他お問い合わせな
ど業務に関する内容はこちら

関連記事

  1. 怒りの感情が止まらない時はどうすればいいの?

  2. ヤタが親知らず抜歯するってよ!!

  3. 【ココロノマルシェカウンセリング体験会】本日12時30分オープン!!~…

  4. 師匠の根本裕幸さんの出版記念講演会&ワークショップのアシスタント

  5. 【ココロノマルシェ動画deカウンセリング】好きなタイプの人と出逢っても…

  6. サイトが新しくなりました。

  7. LINE@セミナーに参加してきました。

  8. カッコつけるな!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。