「与える」ことはどの様な時に何をすればいいの?

こんばんは、カウンセラーの椙山眞伍(ヤタ)です。

今回は、前回記事に書いた「与える」ついての続編です。

「与える」ことが素晴らしい事だというのは理解したけど、それって今の私に必要?とか、どんな時に意識したらいいの?「与える人」になるとどうなるの?的な疑問について書いていこうと思います。

まず「与える」ことについての概要は、前回の記事に書いたので、そちらを見てもらいまして、次のどんな時に「与える」ことに意識を向けて行けばいいのかというと、ずばり「人間関係が上手くいかないなーと感じている時」です。それと、もっと器の大きな人になりたい!!という成長意欲のある方にもオススメできると思います。

人間関係と言っても、会社の関係や、パートナーシップ、友人、などありますが、ここでは全ての人間関係を指します。自慢にもなりませんが、僕自身も人間関係の行き詰まりがあるので、悩んでいる人の1人ですね。

・「人間関係で相手に対して不満がある」

・「せっかく相手にしてあげたのに、相手が認めてもらえない時に怒りを感じる」

・「相手に対して○○して欲しいと思う時」

・「相手に対してこれだけしてあげたのだから・・と思ってしまう時」

・「相手に与えても受け取ってもらえずに、傷いたり拒絶されたと感じる時」など

この様な状況の時に「与える」ことに意識を向けていくと、状況が少しづつ変化していきます。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

では、具体的にどの様に与えていけばいいのでしょうか?

まず、大前提として「相手に対して喜ぶ事をしてあげたいのか?」ここをチェックしてみて下さい。

特に喜ぶ顔を見たくない時に与えようとするのならば、やらない方がマシだと僕は思っています。

「相手に対して喜びを与えたい。そして自分も素直に喜ばせたい」と思う時に、与えることにチャレンジすればいいのです。

この話をすると「私は相手に対して何も与えるものがありません。」というお話を伺います。でも、与える事って高価なものでなくても、お金でもなくて自分ができることで良いんです。

今の貴方が相手に対して出来ることは、何ができるでしょうか?

「自分から挨拶する」「笑顔で話す」「相手を労ってあげる」「相手を承認する」「相手を褒める」「相手にコーヒーやお茶を入れてあげる」「相手の幸せを祈る」など。本当に自分の出来ることで良いのです。

「気を使う」のでは無くて、気遣いをするのですね。

ちなみに「気を使う」は、嫌われたくないなどの、不安や恐れが動機になっており、「気遣いをする」は相手が喜ばせたい、などの幸せや喜びが動機になっています。

相手の反応はが気になるところですが、それは相手次第なので「私は私、相手は相手」の「私軸」で、サラッと流すのがベターですね。

相手の反応よりも、自分が与えたくて行動したことを、自分で素直に認めてあげて欲しいのです。「私って与えたい人なんだよねー。愛の人だよねー」って。

そうやって、少しづつですが、貴方が「与える」ことに意識をおいて、行動するようになると、どうなるのか?

これは、今の自分も目指すところですが、今の貴方が想像できない程の、貴方のファンやサポーターで一杯になっています。

それはどうしてか?心には法則があり、人に与えれば与えるほど心の器が大きくなり、愛が増えていくのです。心の世界は物理的な法則とは逆の世界なんですね。

与え上手になればなるほど、相手も貴方といると気分が良くなり、貴方も気分がいいのでWIN=WINの関係になれるので、貴方の周りは人は笑顔で溢れてるでしょう。

「与える」という事にチャレンジすることは、とにかく自分の中の愛の大きさを試されます。

そこで、愛を選択するのか?恐れや見返りを選択するのか?貴方はどちらを選択しますか?

僕は、失敗しても愛を選択したいと思います。

長くなりましたが今回は、ここまでです。

それではカウンセラーの椙山眞伍(ヤタ)でした。

関連記事

  1. 貴方の我慢は「愛」だったのかも知れません~そろそろ「私軸」で生きてみま…

  2. 「マイペースな夫にイライラMAX!!」どうしたらいいですか?②

  3. 夫の帰りが遅くて浮気を疑ってしまいます。

  4. 私を大切にするということ~私の心の声を聴いてますか?~

  5. 「アウェイな場所に身を置く意味」の動画と「私軸」

  6. 周りから離婚を勧めれますが、まだ決断できない私はダメでしょうか?

  7. 自分を責めてしまって辛い時の魔法の言葉?!

  8. 【こんな時どうするの?】彼が結婚を決めてくれない時~私が結婚を決めてい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。