「私軸」ってなんですか?

こんばんは。

「私軸」で生きれば全てが上手いく!!空飛ぶカウンセラーの椙山眞伍(ヤタ)です。

今回から、名前の前に「空飛ぶカウンセラー」という肩書?が付くようになりました。

これは、友人が飛行好きの僕につけてくれたキャッチフレーズで、ニックネームのヤタ(ヤタカラスの略)と同じように、空に羽ばたくという意味も込めてつけてくれました。

自分もこの肩書を気にっているのと、周りからの評判も良いので、そのまま使用したいと思います。

☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★

今回、ブログのキャッチフレーズにもある「私軸」という言葉。

この言葉の意味について、書いていこうかなと思います。

そもそも「私軸」って何ぞや?って思う方も沢山いると思いますが、この「私軸」というのは、自分に軸がある=自分自身を生きている状態(在り方)を表しています。

例えば、会社で所属するチームの飲み会があった時、貴方は「会社の飲み会なんてめんどくさいし出たくねぇよ」と思っていたとします。

でも、「会社でのチームワークが・・」「嫌われたくない」「付き合い悪い奴って思われたくない」という気持ちから、めんどくさいと思いつつも飲み会に参加し、結局、自宅に帰るころには「あーあ。やっぱりつまらなかったし、時間とお金の無駄遣いだった・・」と重い気持ちになっています。

このような他人の目を気にして、自分の気持ちを後回し状態になっていることを「他人軸」と呼んでおり「私軸」とは真逆の状態です。

今回のお話を、私軸で行動するならば、理由は何であれ自分が行きたくないと思っているなら、はっきり「NO」言うことが「私軸」の状態と言えます。

しかし、このようなお話をすると必ず出てくるのが「現実的に会社での付き合いがあるし」「今後の関係性があるから・・」「みんなに嫌われたら・・」など実際には無理だよっ!!っていう声ですが、まぁ、無理だし。。っていう気持ちもわかります。

確かに、現実社会ではみなさんが我慢することで、毎日が回っていることも事実あると思います。

それでも、周りの目や社会の目、世間体や批判や嫉妬などを受けても、自分の気持ちを大切にして生きていくのか?っていうのは、ある意味では究極の選択でそこまでしてまで「私軸」で生きるということは、かなり勇気が必要かも知れません。

ですが、「私軸」で生きている時って、自分のやりたいことを素直にできている分、自己肯定感も高い状態なんです。

この自己肯定感の高さこそが、「私軸」で生きていくためのポイントになってきます。

自己肯定感という言葉通り、どれだけ自分の好きな事、やりたい事に対してOKをどれだけ出せるかということです。

最後に、「私軸」で生きている時って、何者にも邪魔されずに自分の心に素直に生きています。だから、たとえ、そこでトラブルが発生したとしても「まぁしゃーないやん。これが私だから」って自然に思えるんです。

自分に軸がある=自己肯定感が高いってことは、ある意味では自分の人生に覚悟や、何とかなるって思える状態なんですよね。

まぁ、言い方を変えるとある意味「無敵状態」とも言えるかも知れません(笑)

そんな、自分が自分の人生にOKをだしていける「私軸」を目指してみてはいかがでしょうか。

それでは、今回は、この辺で

空飛ぶカウンセラー椙山眞伍(ヤタ)でした。

 

 

関連記事

  1. 私が頑張ってしまう理由をシェアしてみよう~頑張ってしまう私も私だから~…

  2. 自分を表現して愛されやすい人になろう!!

  3. 【こんな時どうするの?】彼が結婚を決めてくれない時~私が結婚を決めてい…

  4. パートナーとの喧嘩で言いたいことが言えずに我慢してしまいます。

  5. 【私軸】自分を褒めること~自己肯定感は高めるのではなく戻す~

  6. 自分を責めてしまって辛い時の魔法の言葉?!

  7. 貴方の我慢は「愛」だったのかも知れません~そろそろ「私軸」で生きてみま…

  8. 頑張っても上手くいかないーなって感じる時

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。