男性心理の解説はヤタにお任せ!!

【相互依存】自立を手放す鍵は「信頼」にあり

    
\ この記事を共有 /
【相互依存】自立を手放す鍵は「信頼」にあり

こんにちは。

心理カウンセラーの椙山眞伍ヤタです。

さてさて

今日のテーマは「自立を手放す鍵は信頼にあり」です。

ヤタのカウンセリングに来てくれる、クライアントさんが抱えている自立の問題。

・頑張り屋さん

・優等生

・我慢や犠牲

・役割にハマる

・期待に応える など

いつも1人で頑張ってしまい、しんどくなって苦しんでしまう…。

これらは全て、自立のマインドが原因。

この自立のマインドがあるとあなたは誰にも頼ることができずに、ずっと1人で頑張ってしまい、最終的には燃えつきてしまいます。

(頑張り過ぎて燃え尽きてしまうのは、しんどいですよね)

 

では、この自立マインドを手放すために必要なのは何か?

それが今日のテーマの「信頼」なんですね。

そもそもなんですが…

この「信頼」という言葉の意味。

皆さんはわかりますか?

「信頼」というのは、どのような状態になっても受け入れる覚悟がある状態のこと。

ちなみにこの対局にあるのが期待です。

(期待は自分の都合の良いことを待っている状態)

 

話を戻します。

自立のマインドを手放そうとした時。

必ず出てくるのが怖れの感情です。

この自立を手放そうとした時に、出てくる怖れの感情の原点が

「依存時代のハートブレイク」

つまりは

「欲しいのに与えてもらえずに傷ついた」

この痛みを再び感じることを、怖れているんですね。

そして、この時に傷ついた経験から、あなたは他人にも潜在意識の中で怖れを感じています。

(今回はここがポイントですよー)

 

「他人は私を傷つける」

この観念や想いが強ければ強いほど、あなたは自立的になり、1人の世界に入り込み、誰にも傷つかない安全地帯を作ろうとします。

その結果

・パートナーシップが上手くいかない

・人間関係が上手くいかない

・いつも孤独になってしまう など

あなたの人生が1人ぼっちになってしまい、誰かとの繋がりを感じられなくなり、様々な問題を引き起こすんですね。

(全ての問題は分離にあるという、格言があるぐらいですから)

 

そこで、大切になってくるのが「信頼」です。

信頼のマインドがあると、あなたは相手からどのような態度を取られても、そこで傷つくことはありません。

何故ならば、相手のどんな態度でも引き受ける覚悟ができているはずだから。

その信頼のマインドを使い、傷ついた依存時代の怖れを乗り越え、もう一度、あなたの意志であなたのハートを開いて相手とつながりを作っていく。

信頼の力を使って、自立を手放すサレンダーには必要なんですね。

あなたが誰かを信頼しようとする時、

「また傷つくかも知れない」

「また愛されないかも知れない」

「また、拒絶されるかも知れない」など

依存時代の怖れを感じるかも知れません。

でも、もう一度、相手を信頼しあなたからハートを開き、つながりを作ること。

ぜひ、チャレンジしてみて下さいね。

それでは。

 

※※

自立を手放したいのになかなかできない。。

そのようなお悩みを抱えている方は、グループで一緒に練習しませんか?

あなたを相互依存のステージに押し上げるセミナーはこちらのセミナー

【残席4名】12/9(土)東京・神楽坂で開催の1dayセミナー(グループセラピー)

 

※公式LINEへのご登録はこちら

ご登録いただくと、

・登録者限定記事や、男性心理の解説

・登録者限定YouTubeライブを開催

先行予約やイベント盛りだくさんで配信中です^^

もし、気になる方は下記よりご登録して、お待ち下さいね。

友だち追加

ヤタの活動メニュー

ヤタのYoutubeチャンネル「ヤタチャンネル」

★ヤタの動画販売サイト「ヤタストアー」はこちら

★お悩み相談、その他お問い合わせなど業務に関する内容は下記からお願いします。

お問い合わせはこちら

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright©心理カウンセラー椙山眞伍公式ブログ,2023All Rights Reserved.