【お悩み相談】離婚か旦那の転勤先について行くか?~ココロノマルシェ~

こんにちは、カウンセラー歴7年、カウンセリング人数
700人以上の問題を解決に導いた

夫婦心理学カウンセラーの椙山眞伍ヤタです。

最近になって、野良猫軍団(軍団と言ってもサバちゃんだけ笑)に新しいメンバーが加わりました。

そのメンバーは、こちら。

ザ・野良猫って感じですねー。

名前は勝手に「長老」と呼んでいます。

この子は、近所の地域猫出身なんで昔から、界隈では見かけていましたが

最近になって、サバちゃんと連んでいるみたい…

こんな感じで、見かけるようになりました。

ちなみにサバちゃんの方が、ケンカ強いんで序列はサバちゃんが上ですし、ケンカめちゃ弱くていつもケガしてます。

そして、サバちゃんと一緒にベランダまでは来ても、ご飯は食べてくれません。

どうやらカリカリは嫌いみたい…。

このままだと、何故か見捨てるような気がしてしまい胸がザワザワ。

いつかは、長老にもネコ缶を食べさせてあげたい気持ちになった、野良猫男子ヤタでした。

※※

★7月東京面談カウンセリングに空席発生中!

・7月10日 10時・13時 予約済 ・16時

・7月11日 10時・16時

こちらに空席が出ております!

東京方面で、ヤタの対面カウンセリングを受けたい方はチャンスです。

是非とも、この機会にお申し込み下さいませ。

★カウンセリング予約する

カウンセリングのご感想をチェックする時は、下記をクリックして下さい。

★カウンセリングのご感想をチェック

 

お知らせです

7月10日19時30分から21時まで、YouTubeLIVEを開催!!

ゲストは「桐山慶子カウンセラー」

お時間になりましたら下記URLよりアクセスして下さいね。

https://youtu.be/BAtiz058zmM

お悩み相談は当日にチャットにて受付します。

ご相談お待ちしております^^

 

※※

さてさて、

今日もココロノマルシェからの、ご相談に答えていきたいと思います。

ココロノマルシェとは?

根本裕幸お弟子さん制度の卒業生が、寄せられたお悩み相談にお答えするサイトです。

サイトはこちらココロノマルシェ

 

本日のご相談はこちら

離婚か旦那の転勤先について行くか

ちょこさん

旦那の地方転職が急に8月に決まってしまい、戸惑っています。

結婚して2年半で子供はいません。

元々、私が経済的に自立の目処ができてから離婚しようと考えていたため、転勤をきっかけに今すぐに離婚するか、

転勤先へ行って結婚生活を続けるか悩んでいます。

離婚したいと思う理由は、3つあります。

1つ目は旦那がモラハラ気味で、たまに私が精神的にキツくなるほどの暴言を吐くことがあります。

今は落ち着いていますが、また最近言われたこともあり、信用できないです。

 

2つ目は旦那と価値観が合わないことです。

旦那は子供がとにかくすぐに欲しく、私はモラハラのけこともあり、子供は今は欲しくありません。

結婚する時に子供を産むとは伝えたが、私が安心できないし、今は欲しくないと言うと旦那から嘘つきだ!約束と違う!と言われます。

旦那は子供がいてやっと幸せな家族になれる、奥さんの私だと生きる目的にならないので、子供を生きる目的にしたいといいます。

旦那の子供欲しい気持ちはわかるのですが、私にとっては義務のように感じて時々苦しくなります。

 

3つ目は1年前頃前に別れた独身男性の不倫相手が忘れられず、気持ちが割り切れてないです。

モラハラが酷い時に出会い、旦那にバレて彼が慰謝料を払う形で関係は終わりました。

彼とよりを戻したい訳ではないけど、傷つけてしまったので和解したい気持ちがあります。

何度か連絡しましたが音信不通の状態です。

過干渉な私の両親に離婚したいことを伝えると猛反対され、離婚したら実家に無理やり連れ戻すと言われました。 

妹と旦那から今の私は自己中で芯がなくてその場の欲望に任せているだけだ、わがままだと言われました。

他人軸で生きてきて、自分軸に気づいてから自分軸確立に頑張ってましたがうまくいきません。

離婚か転勤へ行くか自分の気持ちがわからなくなりました。

まとまりがなく、長くなりましたが、よろしくお願い致します。

ここまで。

 

離婚したいけど、どうしたら良いのか迷ってしまう…。

人生の中で大きな決断をする時には、不安や恐れや期待など、様々な感情が出てきます。

こんな時こそ、必要なのは自分軸。

・自分自身が本当はどうしたいのか?

・何を望んでいるのか?

・どんな人生を手に入れたいのか?など

自分自身のビジョンをもう一度整理する為に、現実を受け入れて、ゴールを再設定しましょう。

※※

ぽんさん、こんにちは。

心理学カウンセラーの、椙山眞伍ヤタです。

>ちょこさん

旦那の地方転職が急に8月に決まってしまい、戸惑っています。

結婚して2年半で子供はいません。

元々、私が経済的に自立の目処ができてから離婚しようと考えていたため、転勤をきっかけに今すぐに離婚するか、

転勤先へ行って結婚生活を続けるか悩んでいます。

今回はご相談、ありがとうございます。

ちょこさんは、夫との離婚を視野に入れていた時に転勤のお話がきたのですね。

私は離婚経験があるのですが、離婚ってなかなか簡単には決めること、出来ないですよね。

気持ち的にも「離婚したい!」と思ったら「やっぱりやめようかな」と揺れ動いたり。

将来の不安や、経済的な不安、離婚への後悔など、沢山の葛藤があると思います。

その状態ですから、当然ながら気持ちに余裕も無くなってしまいますよね。

ですから、この状態でご相談下さったことは、本当に良かったと思います。

まずは、大きく深呼吸しましょう。

どうですか?

少し身体が緩みましたかね。

気持ちに余裕がない時って、呼吸が浅くなりがちです。

大きく深呼吸するだけで、身体が緩みますので、まずは簡単ですが、ここからチャレンジしてみて下さいね。

>離婚したいと思う理由は、3つあります。

離婚したい理由が、3つあるんですね。

私達がどうしたらよいか悩んでいる時に、やらなくてはいけないことがあります。

それは、1度立ち止まって、現在地を確認してゴールを再設定することです。

これをしないと、ちょこさんが目指すゴールに向けて歩いているのか?わからなくなってしまいます。

現在地を確認すること=現実を見ること

ゴールを再設定すること=ビジョンの再設定です。

これらを、検証していくことで、今のちょこさんが向き合うべきことが見えてきます。

>1つ目は旦那がモラハラ気味で、たまに私が精神的にキツくなるほどの暴言を吐くことがあります。

今は落ち着いていますが、また最近言われたこともあり、信用できないです。

2つ目は旦那と価値観が合わないことです。

旦那は子供がとにかくすぐに欲しく、私はモラハラのけこともあり、子供は今は欲しくありません。

結婚する時に子供を産むとは伝えたが、私が安心できないし、

今は欲しくないと言うと旦那から嘘つきだ!約束と違う!と言われます。

旦那は子供がいてやっと幸せな家族になれる、奥さんの私だと生きる目的にならないので、子供を生きる目的にしたいといいます。

旦那の子供欲しい気持ちはわかるのですが、私にとっては義務のように感じて時々苦しくなります。

 

モラハラ暴言と価値感の違い。

ちょこさんが、離婚したい理由にあげられているほど苦痛ですよね。

その気持ち、十分にわかります。

まずは、この2つの理由について整理していきたいと思います。

実はこの2つの離婚理由には、ある共通点があるのですがわかりますか?

モラハラ暴言と子供への価値感の違い。

これ2つともに、ちょこさんが夫の意思を押し付けられていませんかね?

要は、夫からコントロールされているってことなんですけど。

ちょこさんには、自覚があるでしょうか。

この状態って、我慢しなきゃだし、自分の思った通り行動できないなど

過度なストレスが掛かると思うんです。

ですから、ちょこさんが離婚を考えるのは当然なんですけど、

もし、ちょこさんがこの夫にコントロールされる状態が、必要だったとしたらどうでしょうか?

自分自身でコントロールという、鳥籠の中に入って行っているとしたら。

・どんなメリットがあるでしょう?

・何故、その必要があるのでしょうか?

少し考えてみて下さいね。

>3つ目は1年前頃前に別れた独身男性の不倫相手が忘れられず、気持ちが割り切れてないです。

モラハラが酷い時に出会い、旦那にバレて彼が慰謝料を払う形で関係は終わりました。

彼とよりを戻したい訳ではないけど、傷つけてしまったので和解したい気持ちがあります。

何度か連絡しましたが音信不通の状態です。

過干渉な私の両親に離婚したいことを伝えると猛反対され、離婚したら実家に無理やり連れ戻すと言われました。 

妹と旦那から今の私は自己中で芯がなくてその場の欲望に任せているだけだ、わがままだと言われました。

他人軸で生きてきて、自分軸に気づいてから自分軸確立に頑張ってましたがうまくいきません。

離婚か転勤へ行くか自分の気持ちがわからなくなりました。

まとまりがなく、長くなりましたが、よろしくお願い致します。

ちょこさんにとって、不倫の彼が忘れられない理由があると思います。

その理由はなんでしょうか。

ヒントとなるのが、ちょこさんにとって不倫の彼と一緒にいた時の気分です。

多分ですが、ちゃんさんは、夫に罪悪感を感じつつも

「自分らしい」

「自由さ」

「楽ちん」

「居心地の良さ」

などの感情を、感じていたと思います。

それは、言い方を変えると

「ありのままの私を受けいれてもらった」ような感覚だと思うんですね。

夫や両親に対して振る舞ってきた、仮の姿ではなく本当のちょこさんの姿。

この姿を出せる相手が、不倫相手の彼だったのもあって、忘れられないのかなと思います。

この本当のちょこさんの姿を、不倫相手にしか出せない理由は、

ちょこさん自身が、ながらく両親の過干渉からコントロールされたことで、

両親から(彼)に愛される私を演じてしまうことが、習慣化されたのだと思います。

この状態は「本当の私は愛されない」前提になっているため、どうしても自己肯定感が低くなってしまい、他人軸になってしまいます。

 

そう考えると、今までどれだけ、周りの人達の期待に応えて、自分自身を犠牲にして生きて来られたんですかね?

ちょこさんは、わかりますか?

そこまでして、ちょこさんは愛を与えたい人なんですよね。

でもね、もうそろそろこの生き方もしんどくないですか?

そのためには、少しずつ変化が必要なんです。

ちょこさんが、自分を犠牲にして与えかったものはなんでしょうか?

笑顔でしょうか?

幸せでしょうか?

色々とあると思います。

でも、ちょこさん自身が幸せだったり、笑顔にならないと、せっかくの犠牲が身を結びません。

そこで、大切になって来るのが、ちょこさん自身の扱い方なんですよね。

先日、同じようなブログを書いたので、またお時間ある時に読んでもらえたらですが。。

 

ちょこさんが、自分自身を犠牲にして与えても周りの人は、罪悪感が出て受け取れません。

自分達だけごめんなさいって。

ですから、ちょこさん自身が笑顔で犠牲をしない為に、

・嫌なことは断る。

・嫌なことにNOと表現する

・したくないことはしない!

・自分自身と他の人の境界線をひく

・自分自身を褒めて、承認してあげる

・周りの人達の問題を背負わない

・私は私、相手は相手

・ムカついたら怒りを表現するなど

このあたりをチャレンジしてみて下さい。

本来のカウンセリングならば、もう少し詳しく解説して、具体的にご提案させて頂きます。

今回はブログにてのご返信ですので、ご容赦くださいませ。

また、しっかりと自分軸と離婚やビジョンと向き合いたい時には、しっかりとサポートさせて頂きますので、カウンセリングをご利用下さいませ。

個人カウンセリング受付中

あなたの状況に合わせた、オーダーメイドの
カウンセリングを受けてみませんか?

7月前半個人カウンセリング受付中!!

★7月後半(7/15~7/31)は7月8日20時より受付開始です。

スケジュールは下記をクリック

★ヤタのカウンセリングメニュー

★カウンセリングスケジュール

・お申し込みはカレンダー方式になっております。
ご希望日、ご希望時間の赤文字をクリックしてお申し込みくださいね。

カウンセリングのご感想は下記をクリックして下さい

★カウンセリングのご感想

 

ちょこさんの幸せをお祈りしています。

今回はご相談ありがとうございました。

※※

ヤタの活動メニュー

★ヤタのカウンセリングメニュー

★カウンセリングスケジュール
・お申し込みはカレンダー方式になっております。
ご希望日、ご希望時間の赤文字をクリックして
お申し込みくださいね。

ヤタのYoutubeチャンネル「ヤタチャンネル」

ヤタの音声配信サイト「stand.fm」のチャンネル


「今日から使える恋愛・夫婦仲が良くなる心理学」

★ヤタからの、ゲリライベントや更新情報が届くLINE公式アカウントの登録はこちらから

※登録してくれた方に「あなたの前提を変える魔法のアファメーションBook」をプレゼント中!!

※登録後のメッセージから、ダウンロードして下さいね。

友だち追加

★お悩み相談、その他お問い合わせなど業務に関する内容は下記からお願いします。

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. 【ココロノマルシェ】野良猫君が本当に去って行ってしまうときって、どんな…

  2. 【ココロノマルシェお悩み相談】モラハラ離婚後の回復について

  3. 【ココロノマルシェ】男性は敵?

  4. 【ココロのマルシェ】バツイチロックマン男性への接し方について

  5. 【ココロノマルシェ動画deカウンセリング】前に進みたいのか、自分の気持…

  6. 【ココロノマルシェ動画deカウンセリング】いろいろな感情の波が押し寄せ…

  7. 【ココロのマルシェ】妻の浮気が発覚してからもうまる2年。 現状、再構築…

  8. 【ココロノマルシェ】5月頃に年末の別居を提案されました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。