男性心理の解説はヤタにお任せ!!

【心理学】本当は人が好きだけど、人付き合いが面倒くさいあなたへ

    
\ この記事を共有 /
【心理学】本当は人が好きだけど、人付き合いが面倒くさいあなたへ

こんばんは。

心理カウンセラーの椙山眞伍ヤタです。

 

ますはお知らせ

12/23(土)にカウンセリング体験会を開催します。

ヤタのカウンセリングを体験したい方や、ヤタとお話したい方。

14時・15時・20時と3枠ご用意しました。

ぜひ、ご参加下さいね。

お申し込み方法などの詳細は下記をクリックして下さいね。

さてさて

今日のテーマは「本当は人が好きだけど、人付き合いが面倒くさいあなたへ」です。

本当は人が大好きなのに、人付き合いが面倒くさい…。

このようなご相談をいただくことがあります。

好きなんだけど、何故か素直に好きと言えない。。

まるでアクセルを踏みながら、ブレーキを踏んでいる感覚や葛藤。

1番欲しい物を「欲しい」と言えない苦しみ。

手を伸ばせば手に入るのに、どうしても躊躇してしまい、手を伸ばせない…。

そして、そんな自分をまた責めてしまい、苦しくなってしまう。

この状態って苦しいですよね。

 

人が大好きなのに、素直に表現できない。。

このような時って必ず原因が存在するのですが、その多くの原因は幼少期時代。

今回のケースでは

あなたは小さい時は、誰か(家族)のことが大好きだったと思います。

最初から人嫌いな子供って、あまりいませんからね。

そんな人が大好きなあなたが

・誰かをきらいにならないといけなかったり。

・誰かに気を使ったり、言いたいことが言えなくなったり。

・その大好きな存在の誰かに怖れを感じるようになったり。

「あなたが自分の本心を表現することで、誰かを傷つけたり苦しめてしまう…」

これらの対象となる人物は一体誰でしょうか?

その対象者と向き合うことが、あなたの葛藤や苦しみを解決するポイントになります。

 

あなたが大好きなものを、心から「大好き!」って表現できる自分に戻るために、やるべきことがあるんですね。

それが

「大人の視点で、起きた出来事を精査すること」

これが、あなたの中にある解釈や物事の見方を変える鍵になります。

あなたが採用している解釈や物事の見方は、子供の頃の視点。

そこには、誤解や解釈の違いが沢山、存在します。

子供の頃は見えなかったこと。

年齢を重ね大人になると、沢山のことが見えてきます。

例えば

子供の頃に感じる愛情表現。

・一緒にいてくれる

・褒めてくれる

・話を聞いてくれる など

割と表面的にわかりやすい形だと思います。

でも、大人になるとわかると思いますが、愛情表現ってそれだけではありませんよね。

・黙って見守る

・過干渉してしまう

・悪い態度を取ってしまう など

子供の頃は全く愛情と感じなかった言動が

相手を理解できるようになると、そこに至る背景や行動の理由が見えてきます。

大人の視点から見た誤解や、必要ない解釈。

もし、それらが必要なのであれば、手放したり解釈をかえることがオススメです。

もう一度、大人の視点を使って、当時の出来事を精査すること。

そして、勇気を出してあなたの心に封印した、本当の気持ちや「大好き」という言葉や想いを伝えてみて下さいね。

それでは。。

 

1人で掘り下げるのが難しい・・。

過去が辛すぎて向き合えない時は、カウンセリングでヤタと一緒にやって行きましょう!

12月の空き枠を再募集中です。

ぜひ、ご利用下さいね。

 

幸せなパートナシップを持つには、男性心理の理解は鉄則!!

12月分は空き枠を再募集中です!!

ヤタの個人セッション

★カウンセリング予約はこちら

★ヤタのカウンセリングメニュー

 

★人気のお茶会(ヤタカフェ)は1/8(月祝)に大阪にて開催

スイーツを食べながら、ヤタと楽しくお話しませんか?

詳細ブログはこちらです

※公式LINEへのご登録はこちら

ご登録いただくと、

・登録者限定記事や、男性心理の解説

・登録者限定YouTubeライブを開催

先行予約やイベント盛りだくさんで配信中です^^

もし、気になる方は下記よりご登録して、お待ち下さいね。

友だち追加

ヤタの活動メニュー

ヤタのYoutubeチャンネル「ヤタチャンネル」

★ヤタの動画販売サイト「ヤタストアー」はこちら

★お悩み相談、その他お問い合わせなど業務に関する内容は下記からお願いします。

お問い合わせはこちら

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright©心理カウンセラー椙山眞伍公式ブログ,2023All Rights Reserved.