どんなあなたでも受け入れます!

夫婦関係を修復するために必要な 2 つのコツ〜「犠牲」をやめて「怒り」を手放す

  
\ この記事を共有 /
夫婦関係を修復するために必要な 2 つのコツ〜「犠牲」をやめて「怒り」を...

夫婦関係の修復は、厳しい道のり⁈

「やっぱりお前とはもう無理だ!」

「もう、やり直すのは無理だから離婚してくれ!」

夫からの響き渡る声。

その声を聞いて「こんなにも頑張っても無理なのか…」と項垂れしまう。

2人の関係が上手くいかなってしまってから、私なりに自分の態度や言葉使いを全てにおいて見直して、改善した。

夫に対して、今までを反省して、最優先を徹底したし、夫に養ってもらっていることにも、以前より感謝の言葉を表すようにしたのに。。

明らかに私の態度は、違うと思う。

それなのに、

どうして上手くいかないのだろう…

私のやり方が悪いのだろうか?

もっと夫に対して、尽くさなければいけないのだろうか?

ぐるぐる思考が回ってしまう。

もう、どうすればいいのかすらわからない。

私達は離婚するしか道はないのだろうか…

 

こんにちは。

心理カウンセラーの椙山眞伍ヤタです。

夫婦の関係修復。

なかなか難しいですよね。

すぐに関係性が解決してくれたら良いのですが、拗れてしまうと、更に深みにハマってしまい、どうしたらいいか分からなくなってしまう。

こんなことって、あると思います。

カウンセリングの現場でも、夫婦のお悩みのご相談を受けるのですが、

「夫から離婚催促されています」

「もう、お前とは無理だ!」

「お前は金が欲しいから、別れないんだろ!」

このような言葉を言われてしまったと…。

この時、カウンセリングであるお話をさせていただくのですが、その話を聞いたあとに

「夫との関係執着が上手くいかないのは、それが理由だったのですね」

このような言葉を言われます。

そこで、今日はこの、夫婦関係修復が上手くいかない理由について解説していきます。

夫婦関係の修復が上手くいかないのは〇〇が原因⁈

いきなりの結論ですが、夫婦関係修復が上手くいかない理由。

それは

あなたの中の「怒り」が原因です。

「怒り」の感情があると、何故、夫婦関係修復が上手くいかないのか?

こんな感じに、疑問を感じる方もいると思います。

そもそも「怒り」という感情は、相手との距離を作ります。

心理学では「怒りは分離をつくる」と言われていて、人間関係の中では、怒りがあることで誰もが近寄らないという現象がおこります。

例えば、

ちょと想像して欲しいのですが、

あなたの友人と逢った時に、友人が怒っていたとしたらどうでしょう?

「何があったのかな?」と、怒りを鎮めようとする行動をとりませんか。

又は、触らずに神に何とやら…で、少し放置しようと距離をとりますよね。

この距離を取ろうとする行為が、怒りがあることで相手との関係性で起こるのです。

関係修復の中での最大の敵は?

これを読んでいるあなたが、もし、夫婦関係修復が上手くいっていないのならば、そこにはあなたの心の奥底に「怒り」の感情があるの可能性があります。

ちょっとチェックしてみて欲しいのですが…

・関係修復の為に、本当は言いたいことも言わないようにした。

・関係修復の為に、本当はやりたくないことをえ我慢した。 

・関係修復の為に、夫の顔色ばかりを気にしていつも優先した。

・関係修復の為に、夫のリクエストばかりに応えていた。など

夫に対して、このようなことしていませんか?

ついつい関係修復を優先するがあまりに、夫を優先し過ぎてしまうと、気がつかないうちに、自分自身が「犠牲」してしまいます。

この「犠牲」があなたの心の中に、沸々とした「怒り」の感情を作り出すのです。

犠牲をしない為に必要なことは?

あなたの心の中に「怒り」を作り出す「犠牲」のマインド。

この「犠牲」を手放すことが、夫婦関係修復の近道です。

では、どうやって「犠牲」を手放すのか?

そのポイントは「対等性」です。

「犠牲」をしてしまう時というのは、関係性的に夫が上で私が下のポジションになっています。

離婚回避というカードを、人質に取られているので、あなたには選択肢が無いように、感じるかも知れません。

でも、あなたには、私自身の行動や選択することができます。

・本当はやりたくないこと

・本当は認めたくないこと

・本当は我慢したくないこと

これらを、はっきりと自分自身で自覚して、その上で選択するのです。

自分自身が我慢することを、自覚して選択をしていれば、自分自身は納得することっできるんですよね。

もちろん、断ることもOKです。

この作業をすることにより、あなたの心の中に「怒り」が湧くことが、極端に少なくなります。

その結果「怒り」の感情が減って、関係修復への道もスピードUPします。

「怒り」の感情の解放にはお恨み張がおススメ!

犠牲をしないようにしても、ついつい関係修復中には「怒り」の感情が、溜まってしまうもの。

その「怒り」の感情におススメな、ワークを1つご紹介します。

それが「お恨み張」と言われるもの。

ノートを一冊用意して頂きます。

そうしたら、そのノートにあなたの怒りを、書き殴って下さい。

そのノートは誰にも見せませんから、鬼畜生になった気分て、汚い言葉と共に吐き出しましょう!

感情は身体から、外に出すことで昇華するという性質を持っています。

ノートに書き出すことで、感情は昇華し解放されますので、怒りが溜まった時には、お試し下さいね。

まとめ

今回は夫婦関係修復が上手くいかない理由として、「犠牲」と「怒り」というポイントをお伝えしました。

離婚回避したい思いから、ついつい犠牲してしまうのは仕方ないことかも、知れません。

その場合には、怒りの感情を解放したり、自分自身でご機嫌をとってあげることが、必要となってきます。

夫婦関係修復の長い道のりを、歩いていくためにも、自分自身との対話を含めて、夫、私自身と向き合ってみて下さいね。

また、1人で関係修復の道がしんどい時には、カウンセリング等を利用してみて下さい。

参考になれば幸いです。

それでは。

 

★慢性的ないつも同じパターンを繰り返してしまう方は、グループセラピー

あなたの「慢性的な問題」を手放す1日にしてみませんか?

※※

ヤタの活動メニュー

★ヤタのカウンセリングメニュー

★カウンセリングスケジュール
・お申し込みはカレンダー方式になっております。

ご希望日、ご希望時間の赤文字をクリックして
お申し込みくださいね。

ヤタのYoutubeチャンネル「ヤタチャンネル」

ヤタの音声配信サイト「stand.fm」のチャンネル


「今日から使える恋愛・夫婦仲が良くなる心理学」

★ヤタからのゲリライベントや更新情報が届く、LINE公式アカウントの登録

友だち追加

※登録してくれた方に「あなたの前提を変える魔法のアファメーションBook」をプレゼント中!!

※登録後のメッセージから、ダウンロードして下さいね。

★お悩み相談、その他お問い合わせなど業務に関する内容は下記からお願いします。

お問い合わせはこちら

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です