【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】離婚裁判の終焉と彼女の異変~Vol18

こんにちは、パートナーシップ(恋愛・夫婦)専門カウンセラーの椙山眞伍(ヤタ)です。

こちらも久しぶりの投稿になりました
「野良猫男子のリアル恋愛ストーリー」
です。

今日も張り切って、書いていきたいと思います。

前回は、彼女とのクリスマスディナーを自分でぶち壊してしまうという、自分の中に住む悪魔のお話のお話でした。

前回のお話はこちらから

今回はそのクリスマスディナーからの続編です。
それでは、どうぞ!!

※※

本当に楽しみにしていた、クリスマスのディナーデートを、自作自演で壊してしまった私は、どうしてこうなったのかと何度も何度も、自問自答をしていました。

彼女の涙に、罪悪感を感じながらも
不思議と安心感を感じる。

自分の心がどこかおかしいのか?
それとも、自分は病気なのか?
何か欠落しているのではないか?

こんな感じで、自分の中の原因探しを
必死にしていましたが、いくらPCで
検索しても、その答えは見つかるはず
も有りませんでした。

彼女とは、このような事件があったら
普通は、別れを選択すると思うのですが
何故か、私が謝罪すると、いつの間にか
関係が修復されるという事を、繰り返して
いました。

当時、彼女に聞いた事があります。

私「何故、いつも許してくれるの?それはそれでありがたいとは思うんだけど、不思議で…」

彼女「なんか時間が経つと忘れちゃうから」

私は、この言葉を真に受けて、彼女は忘れっぽい人なんだと、思っていました。

しかし、真実は違っていたのです。

この真実に気がつくのは、随分と先になりますが、この時の私は、気がつくことが出来ませんでした。

※※

一方で、彼女とのクリスマス前に、離婚裁判は最後の山場を越え、弁護士さんより「最終の弁論が終わりまして、2か月後に判決がでます。2月の〇〇日が判決日となります」と、言われていました。

最初の離婚調停から約2年が経過して、ようやくここまで、辿り着いたのです。

ここまでの日は、言葉では決して表すことが出来ません。

犯罪者のように、世間の目から隠れて過ごした日々。

大好きだった娘との別れ。

精神的に追い詰められて、何度も電車に飛び込もうしたこと。

一切の欲を断ち切って、彼女と過ごした日々。

資金難から、自転車操業で凌ぎ、暖房器具も買えずに、部屋でダウンジャケットを着て、凌いだ冬の日。

過ぎてしまえば、あっと言う前の2年ですが、その道乗りは、本当に厳しい戦いでもありました。

その戦いが、ようやく、終戦を迎えるのです。

私は、裁判の判決日を彼女に告げ、判決後に2人で温泉に泊まりで、行く予定を組んでいました。

とうとう、待ち望んでいた、この日がくる。
やっと、大好きで今まで自分を支えてくれた彼女に対して、胸を張って、ちゃんと恩返しができる。

本当に2人で幸せになれる日が来る。

そんな事を考えていました。

判決までの、2か月間は、今までの裁判中の期間の中で、1番長い期間に感じました。

そして、とうとう、その日が来ます。

昼過ぎに、弁護士さんから連絡が入ります。

弁護士「あっ、もしもし、判決が出ました。完結に言うと内容は、離婚を認める。親権は相手方、慰謝料は、〇〇円。財産分与は、こちらのほぼ主張通り。まぁ、良い判決だと思います。詳しくはまた明日、事務所で…」

電話を切って後、何故だか分かりませんが、あまり喜びや悲しみといった感情はなく、ただ淡々と終わったんだ…と言う感じで実感はありませんでした。

翌日に、弁護士事務所にて、判決文を受け取り、その判決文を持って、地元の役所に行き離婚届けを提出します。

離婚裁判の判決が出ても、離婚届けは提出しないといけません。

ただ、判決文があると、相手方の署名とは必要なく、その場で離婚届けが受理されます。

役所で、判決文と共に離婚届けを提出したのですが、役所の方が取り扱いがわからないとので、かなり待たされます。

でも、それは仕方ないことなんです。

離婚裁判で判決離婚になるのは、100組みの中で、たった1組と言われるぐらいですから。

いかに、私達の元夫婦がレアケースなのかが、理解して貰えると思います。

そして、待つこと20分。

離婚届けは、無事に受理されました。

※※

離婚届けを提出し、役所を出てから、彼女と電話をします。

私「ようやくさ、離婚したから…。」
彼女「長かったね」
私「うん。今まで待っていてくれて、本当にありがとう。これから、よろしくお願いします」
彼女「こちらこそ、お願いします」
※確か、こんなような会話だったと思います。

ようやく、独身同士の普通カップルとして、スタートしたのです。

彼女と、フラットな関係になっても、今まで我慢していた、身体の関係は直ぐには再開することは、しませんでした。

私の中では、2人で温泉に行く時に、全てを解禁しようと決めていたのです。

彼女にこの事を話すと「ふーん。別にいつでもいいけど…」みたいな感じで、気にも留めていない感じでした。

そして、当日を迎えます。

その日は、朝から飛行機に乗って、九州まで行き、そこからレンタカーで温泉に行くという、旅程でした。

空港でも機内でも、レンタカーの中でも、不思議と私の中に住んでいる悪魔は、何もしません。

いつもならば、喧嘩をふっかけて、デートをぶち壊すタイミングでも、悪魔は出てこず、むしろ穏やかに過ごせます。

本当に自分でも不思議でした。

どこから見ても、普通のカップルの2人。

世間の目からも、逃げる事も隠れることもなく、堂々と手を繋いで歩く。

こんな単純で当たり前の事が、私達にはこのうえない幸せでもあり、こんな些細なことでも、幸せを感じていました。

温泉宿に着くまで、悪魔は現れず、むしろラブラブな感じで到着します。

部屋に案内されて、2人きりになると、私も中でずっと抑え込んでいた、欲求が湧き上がります。

そうです。

この欲求は1年半前以上、ずっと自分の中で抑え込み、自分の中で無かったもの、あっても気がつかないようにしていたものです。

私は、その欲求に身を委ねて思考を切り離し、彼女を求めます。

不倫の関係だった時の、SEXの感触が蘇えります。

お互いの欲と欲をぶつけ合い、求め合うSEXは快楽の枠を越えて、生命力やお互いの承認欲求を埋め合うほどの気持ちよさと、充実感や満足感を感じられます。

そのSEXを、彼女と共に味わいたいという欲求が、どんどん強くなっていきます。

その時!!

彼女「ごめん。何か気分が入りこめなくて」

一気に現実に引き戻されます。

私「えっ!あっ、うん。じゃあやめた方がいいかな」
彼女「いや、大丈夫だから、直ぐ挿れて終わって」
私「わかったよ。久しぶりだったからかな」
彼女「わからない。でも、何かダメみたい」

こんなやり取りの後、まるで処理をするような感覚と共に彼女を抱いたのでした。

今、思えば、久しぶりだったからとかの、問題ではないのです。

ことの重大さに気がつくべきだったんです。

彼女の変化をもっと、気にするべきだっだのです。

この出来事が、後から大きな意味があった出来事に変わります。

離婚が成立し、彼女と一緒になれると、浮かれていた私には、何も気がつくことが出来ませんでした。

長くなりましたので、
今回はここまでになります。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

※※

ここでは書けない、秘密のリアル恋愛ストーリーを
一緒にしながら、楽しい時間を過ごしませんか?

アフタヌーンティー代金だけで参加できます
「アフタヌーンティー付きお茶会」受付中です。

・日時 2020年3月20日(金祝)14時~16時
・場所 ザ・プリンスギャラリー紀尾井町
Sky Gallery Lounge Levita~
・費用 アフタヌーンティー代金 4500円(事前払い)
・募集人数 3人 残2名様

PS.今回は限定3名様の募集ですので、お早めの
お申込みがオススメです。

東京会場の詳しいご案内とお申込み→こちらから

名古屋会場の詳細です。
・日時2020年3月15日(日)14時~16時
・場所ストリングスホテル名古屋  
    ニューヨークラウンジ
・費用アフタヌーンティー代金 4250円(事前払い)
・募集人数3人

PS.今回は限定3名様の募集ですので、お早めの
お申込みがオススメです。

名古屋会場の詳しいご案内とお申込み→こちらから

※※

【個人の問題やお悩みは個人セッション】

・浮気症の彼や夫などの、男性心理を知りたい方
・なぜ、男性は浮気や不倫をするのか?
・幸せになりたいと頑張っているのに、なかなか
報われない方

元野良猫男子のヤタが、男性心理を詳しく解説し、
誰にも理解されない報われない想いを、問題解決へ
導きます。

そんな貴方にピッタリの個人カウンセリングは
こちら
カウンセリング申込みページへ

・有料のカウンセリングメニュー
カウンセリングメニュー

東京、名古屋随時受付中です。
2月の面談スケジュール出ております。
2月のスケジュール

遠方の方はZOOMというテレビ電話のような
オンラインを使ってのカウンセリングを
受けられます。

※※

 

 

関連記事

  1. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】求めていた母親のぬくもり~35年の…

  2. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】「自分らしく」生きるために~自由へ…

  3. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】野良猫男子の承認欲求と罪悪感 Vo…

  4. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】父親として生きますか?私として生き…

  5. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】生き別れの真実~止まらない不幸の連…

  6. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】カウンセリングとの出会いと忘れられ…

  7. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】心の蓋が開いた先にあるものVol2…

  8. 【親密感の恐れと見捨てられる不安】私ヤタの恋愛が上手くいかなかったリア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。