【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】心の蓋が開いた先にあるものVol22

おはようございます、パートナーシップ(恋愛・夫婦)専門カウンセラーの椙山眞伍(ヤタ)です。

先週末の金曜日に、名古屋在住の数秘術カウンセラーの戸田朱美ちゃんと、初のYouTube Liveデビューをしました。

急遽の開催で、準備期間は3日間でしたが、沢山の応援の声や、ご相談も13件も頂きまして、何とかやり切る事が出来ました。

本当に、皆さんのおかげです。
ありがとうございました。

今週末の土曜日の夜19時〜も、戸田朱美カウンセラーと、引き続きご相談にお応えすべく、YouTube Liveを開催します。

ご都合がつきましたら、是非ともご視聴下さいね。

ご相談も受け付中ですので、こちらからお申込み下さいませ

ご相談受付

※※

今回は、久々の「野良猫男子のリアル恋愛ストーリー」を書いていこうと思います。

前回は、彼女にプロポーズして、結婚に向けて式場探しをするも、不思議と決まらないという、お話でした。

前回の記事はこちら

その後の続きを、書いていこうと思います。

※※

結婚式場を、探すにもことごとく、式場に空きが無くて、予定が決まらない。

当時の私は、そこには全く不安や違和感は感じておらず、頭の中は、待ちに待った彼女と一緒になれることで、お花畑状態でした。

それでも、式場が決まらないので、結婚式というイベントのことは、棚上げ状態にしていました。

プロポーズをした2週間後、今度は、福岡で行われるヒーリングセミナーに彼女と一緒に、参加することにしました。

この時は、特に問題を抱えていたり、悩んでの参加ではなく、ヒーリングセミナーを担当するのが、根本さんだったこともあり、報告を兼ねての参加です。

ヒーリングセミナーは、2日間の開催されるのですが、今回は有志での、日帰り温泉ツアーも開催予定で、そちらも楽しみにしていました。

ヒーリングセミナーが、始まり、くじ引きをして、フォーカスパーソンという、代表者を決めて、その方の悩みを講師がカウンセリングしていきます。

純粋にくじ引きなので、本当に誰が当たるのかは、わかりません。

そして、くじ引きをした瞬間

「〇〇さん」

と彼女の名前が呼ばれたのです。

彼女が前に呼ばれて、話をしていきます。

その話、結婚式場が決まらないという相談でした。

講師を務めていた、根本さんが話を聴いていき、ロールプレイという、癒しの手法を組み立て、彼女はそれを受けていきます。

実はこの出来事が、僕達2人にとっては、ターニングポイントでした。

セミナーは、その日で終わり、セミナー参加者と共に、打ち合げに行き、楽しい雰囲気で、盛り上がります。

このヒーリングセミナーというのは、心の奥底にある、無意識にアプローチして癒しの効果を出していきます。

その為に、日頃や昔から我慢していた、心の奥に閉まってある箱の扉を、開いてしまうこともあります。

それは、本当の自分自身の姿が、隠しきれずに出てしまうことでも、あるのです。

※※

セミナーの次の日の、バスツアーの時から、彼女の言動に変化があった事を、私は見逃しませんでした。

彼女は人前で他人に対して、悪口を言うことは、ほとんどありません。

しかしながら、バスに乗った瞬間に

「なんだアイツは。気持ち悪いんだよ!!」と私に向けて、ポロッと言ったのです。

その言葉を聞いた瞬間、私は彼女の顔を二度見しました。

そして、席についても「本当アイツはキモい」と何度も言っているのです。

おかしい…。

何がおかしい。

私は、彼女に対して、違和感だけが募っていきました。

それでも、その発言が彼女の何を意味することなのか?までは、わからないままでした。

※※

福岡のセミナーから、名古屋に戻った後も、彼女に対しての違和感は、消えません。

名古屋に戻った翌日に、電話をしている時にケンカになります。内容は、詳しくは覚えていないのですが、確か2つあったと思います。

1つ目は、私が彼女に対して色々と、連れ回した(旅行や、遊びなど)のが、彼女は本当は我慢して付き合っていたということ。

何故か、私は彼女の意思ではなくて、シブシブお前の為に、我慢していたんだよ!と言われた事にショックを受けたんです。

そして、もう1つは、彼女の友達にコンパを開くから、紹介だけして、その後にデートしたいから、一緒に来て欲しいというものでした。

私は、頑なに拒否をして「俺は行かないから」と言って、電話を切って、私にしては、珍しく1週間ほど、連絡をしませんでした。

あんなに彼女が逃げないようにと、束縛していたのに、何故かあの時だけは、連絡を取りたく無いと思ったのです。

今、思うと変化があったのは、彼女だけではなく、実は私にも変化はあったのでした。

そして、メールも電話もせずに1週間が経過します。

1週間後、久々に彼女と、電話をすることに

私ヤタ「もしもし、久しぶり」

彼女「うん。あのさ、なんで連絡して来ないのよ」

私ヤタ「いや、何となく。って言うか、なんで自分からしないといけない訳?」

彼女「いつもしてくるじゃん」

私ヤタ「まぁ、そうだけど。結局、コンパの紹介行ったの」

彼女「うん。行ったよ。来てくれないから、淋しかった」

私ヤタ「ふーん」

彼女「あのさ、貴方が連絡して来ない間に、違う人から誘われて、お茶したりデートしてきた。」

私ヤタ「はぁ?何それ?誰それ?」

彼女「同じサークルの人。連絡先渡されたから、連絡して、ご飯に行ったよ」

私ヤタ「連絡先、交換したの?」

彼女「うん。したけど。何か悪いの?」

私ヤタ「悪いとかそういう問題じゃねーだろう!」

「で、どうなんだそれ?」と問い詰めると

彼女「ごめん、もう切るわ」

と、電話を切られてしまいました。

そして、2、3日後に彼女から1通のメールが来ます。

そのメールには、こう書いてありました。

 

彼女「私、気になる人がいる」

 

このメールをみて、私は取り乱し、彼女に何とかコンタクトを取ろうとします。

しかし、彼女は、電話もメールにも出ずに、返信は有りませんでした。

 

離婚裁判も終わり、プロポーズもして、ようやく彼女と一緒になれると、思った矢先の出来事でした。

私は、幸せという山の頂上付近から、道を踏み外し、一気に滑落して、地獄に落ちたような気分でした。

今、思えば、彼女の気持ちはかなり昔から、私には無かったのだと思います。

開けてはいけない、心の蓋が開いた結果、彼女の本心が見えた気がしました。

「やっぱり俺は見捨てられるんだな・・。」と苦しみの中で、安心感がわくという不思議な感覚を感じていました。

長くなりましたので、今回はここまでです。

それでは。

関連記事

  1. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】婚外恋愛と支配欲求の底なし沼 V…

  2. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】貴方ならば待ちますか?待ちませんか…

  3. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】「自分らしく」生きるために~自由へ…

  4. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】離婚裁判の終焉と彼女の異変~Vol…

  5. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】自由と見捨てられ不安の闇 Vol7…

  6. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】求めていた母親のぬくもり~35年の…

  7. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】幸せへの流れには乗れない2人~決ま…

  8. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】父親として生きますか?私として生き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お知らせ

  2. お知らせ

  3. お知らせ

  4. YoutubeLive

  5. YoutubeLive

お問い合わせ

お問い合わせはこちら