【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】貴方ならば待ちますか?待ちませんか?Vol23

こんにちは、パートナーシップ(恋愛・夫婦)専門カウンセラーの椙山眞伍ヤタです。

今日は久しぶりに「野良猫男子のリアル恋愛ストーリー」を書いて行こうと思います。

余りに久しぶりなんで、忘れ去られた方もいると思いますが、まだまだ続いていますので、続き書いていきますね。

前回の記事「心の蓋が開いた先にあるものVol22」

1点だけお知らせです。

5月5日19時30~22時までの講座は、残席1となりました。

ご検討中の方は、お早めのお申し込みが、オススメです。

よろしくお願いします。

講座詳細はこちら

お申し込みはこちらから

※※

彼女からの「気になる人がいる」とのメール以来、彼女に何度もメールを送っても、電話もしても、
一度も返信はありません。

7月にプロポーズをしてから、1か月も経たない間に、状況は目まぐるしく変わっていきます。

何度、連絡をしても返信がない彼女。

私は、彼女が何を考えているのが、さっぱりわかりませんでした。

私の気持ちはずっと苦しいままで、高校生の時から、1人になった事がない私は、1人になるという恐怖感や、彼女が去って行ってしまうという、損失感をずっと感じて苦しんでいました。

「明けない夜が来ることはない」などと、世間や友人からは、言われましたが

毎日、毎日、朝が来ても、自分の苦しみは一向に消えません。

それでも、以前の私と決定的に違うのは、私の周りに居てくれた、心理学の先輩や仲間達でした。

この当時は、心理学も学び初めて3年程になっており、仲間達や先輩達に話を聞いてもらうことで、なんとか自分というものを、支えていました。

来る日も、来る日も、音信不通の日々。

1日の大半の時間は、ずっと彼女が何をしているのか?と、意識が音信不通の彼女に向いています。

実際には、目の前に居ない彼女に対して、頭の中では、他の男と居るような、想像ばかりして、苦しんでいました。

そして、悪魔の声が頭の中に響いてきます。

「お前は振られたんだ!」

「また1人ぼっちだな」

「彼女が戻ってくる訳ないだろう」

「お前が幸せになれる訳がないんだ!」

何度、打ち消しても、悪魔の声は、消えずに、私の心をズタズタに、切り裂いていきました。

※※

私がプロポーズしたセミナーから、約1か月が経過し、名古屋でヒーリングセミナーが開催される日が、やって来ました。

この時の、セミナー担当の講師は、根本さんでした。

根本さんも、私と彼女の話は知っていました。

この時に、名古屋の先輩カウンセラーから「椙山君、一度、根本さんと話してみるといいよ。彼女とのきっかけになっているのは、福岡でのセミナーだから…」と言われていました。

セミナーの2日前、約1か月ぶりに、彼女からメールの返事が来ました。

そこでは、世間話をしながらも、私は彼女が気になっていた男性と、その後、どうなったのか?が気になって仕方ありません。

私「あのさ、気になってた男性とはどうなの?」

彼女「ご飯食べに行ったり、連絡取ったりしてるよ」

私「それってさ、付き合ってるの?」

彼女「いや。付き合ってはないけど…」

私「じゃあ、俺はどうすればいいのよ?」

彼女「うーん、わかんない。とりあえず待ってて」

私は、この時に何故か、思い付いてしまったんです。

こんな事、絶対に嫌なのに…

私「あのさ、ひょっとして、身体の関係あるの?」

なかなか返信が来ません。

私「どうなの?あるのかないのか、はっきりして欲しい」

それでも返信は来ません。

私は何かあったということが、ますます確信に変わっていきます。

私「どうなの?もう正直に言って欲しい」

すると、彼女から返信が来ます。

恐る恐る、メールを開くと、そこにはこう書いてありました。

私「身体の関係あるよ」

この瞬間、私の血の気がハッキリと、引いていくのが分かり、心臓を素手でギューと硬く握り潰されたような痛みが、胸に襲って来ました。

傷つく準備はしていましたが、それ以上のパワーとショックで、私は、何も考えることが、出来ませんでした。

※※

この出来事があって、私はもはや何も考える事が出来ません。

そして、彼女の事を考えると、必ず誰かに抱かれているイメージが浮かんで来て、誰かに抱かれる事を使って、自分で自分を責めていましたし、とても惨めでした。

いよいよヒーリングセミナー当日になったのですが、私は彼女の事が余りにもショックだったらしく、過呼吸を起こし倒れてしまい、セミナーを早退します。

翌日も、参加するか迷いましたが、1人で家にいても苦しいだけなので、セミナーに参加しました。

セミナーは何とか無事に終わり、私は、根本さんや他の先輩達と打ち上げに、参加させてもらいました。

私は、車でセミナーに参加していたので、アルコールは飲めず、テンションは落ち気味で、打ち上げ会場の外で、1人でタバコを吸っていました。

すると、店の中から根本さんが出てきて

根本さん「おい、俺にも1本くれ」と言って、タバコを吸い始めました。

根本さん「まぁさ、福岡でさクジに彼女が当たったやろ。その時点でまぁ、何かおかしいなって思ったら、式場が決まらないやろ。そんな事、なかなかないで。」

「でさ、お前どうすんの?」

私「どうするって?」

根本さん「これな、お前さ自分の女をさ、寝取られてんぞ!」

私「そうですね。でも、プロセス的に…」

根本さん「ちゃうちゃう。心理学とかそんなもん、どうでもええねん。お前、男としてどうすんねん?」

私「男してですか…。でも、僕はやっぱり彼女を待ちたいと思います」

根本さん「そっか。それならば、お前は今日からまな板の上の鯉やな」

私「まな板の上の鯉って、なんですか?」

根本さん「お前はもう何も出来ない。ただ彼女が決めるのを待つだけや」

私「待つだけ…ですか」

根本さん「そうや。まな板の上の鯉や。まぁ、自分で決めたんやからなー」

そういうと、店の中に入っていきました。

私はこの時に、まな板の上の鯉の意味が、半信半疑でいました。

ですが、私にとっては、地獄のような苦しみが待っていたのでした。

長くなりましたので、
今回はここまでになります。

最後まで読んでくだざり、ありがとうございました。

続きはこちらから
近づく別れの足跡とコントロールの手放しVol24

関連記事

  1. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】幸せへの扉の向こう側~曇る笑顔と不…

  2. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】近づく別れの足跡とコントロールの手…

  3. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】「恐れ」で繋がった最強鉄仮面女子と…

  4. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】野良猫男子と娘~誰かに必要とされる…

  5. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】心の中に住んでいるもう1人の悪魔の…

  6. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】離婚裁判の終焉と彼女の異変~Vol…

  7. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】離婚の裁判の闇~人間のエゴの世界~…

  8. 【野良猫男子のリアル恋愛ストーリー】心の蓋が開いた先にあるものVol2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お知らせ

  2. お知らせ

  3. お知らせ

  4. YoutubeLive

  5. YoutubeLive

お問い合わせ

お問い合わせはこちら